人気ブログランキング |

だるまさんが転んだ♪

<   2013年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

運動会

望遠で撮って、、、と依頼があって、
長男のところの2番目の孫(小5)の運動会に行ってきました。

だいぶ前に、知人から安く譲りうけたものの、
望遠レンズをつけると、シャカシャカと動き続けてシャッタ-がおりないんです。

設定が違っているらしいのですが、
調整の仕方が解らず、マニュアルもなく、、、
ピントを自動で合わせようとしているのか、、、?

動き続けていて、、、止まって~!今撮りたいの~!!
と叫んでも駄目(><)

たまにシャッターがきれると、ピンボケに、、

それで、苦手感から望遠は殆ど使いません(^^;
宝の持ち腐れもいいところです。

ちょっと試し撮りした他の学年の写真は、偶然上手くいったのですが、
b0207284_214164.jpg

肝心の我が孫の写真はピンボケ!(><)

今度、ちゃんとどなたかに教わっておかないと、、、

小5にもなると、役目もあって、なかなか忙しいようです。
かけっこの3等の子を旗のところに誘導していました。
b0207284_2171156.jpg


騎馬戦も団体戦は落馬してしまい自滅でしたが、
個人戦は見事に相手の帽子を取って屈辱を晴らしていました。

b0207284_2203360.jpg



b0207284_2222948.jpg

父母の綱引きは年々着ぐるみやらコスプレが増えています(^^;
息子もキャラ帽をかぶって。。。。
b0207284_2253256.jpg


前の晩、息子宅に泊まって、朝4時半まで呑みながらいろいろとおしゃべりしていたので、
嫁さんの作ってくれたお弁当を食べたら、午後は睡魔と格闘でした(^^;
by doremi730 | 2013-05-27 01:38 | 観劇。鑑賞。観戦 | Comments(12)

小さくても精一杯

ちっぽけな猫の額ほどの庭でも、今の季節雑草が巾をきかせだした。

日曜の早朝に草むしりしていると、
いつもなら何の躊躇もなく引っこ抜いてしまう雑草に
小さな花が咲いている。

あまりの可憐さにカメラを取りに行き、
泥だらけの手で写した。

勿論、花が終わるまでは、そのままにしてあげよう。
b0207284_2395431.jpg


まわりを綺麗に抜いたら、特別な花のように見えるよ。
精一杯咲いています。

門の外のアスファルトのところにも
名前も知らない可愛い小さなピンクの花が。。。
b0207284_2413485.jpg


普段、朝はバタバタとでかけ、夜は真っ暗な中帰宅なので
その存在に全く気付くことはなかった(^^;

アスファルトの割れ目で、小さな命をあでやかに燃やしている。
by doremi730 | 2013-05-24 02:41 | 四季の彩り | Comments(8)

らっきょう漬けと糠みそ漬け

延々とスペイン旅行の記事にお付き合いくださいました皆様
ありがとうございました。

そうやっている間にも、はや2週間が過ぎ去り、、、

連日残業で、合間を縫って(21時からの)ヨガ&ピラティスに週2回通い、
またその合間を縫って?大好きな目黒のワインバー「椿」にも22時前後~通って♪
終電で家に戻る

という日常は、繰り返されておりました。
とても時差ボケをしている時間はありません(><)

当然、朝は、6時頃からは簡単手抜きの自分の弁当作りもあるので、
逆算して4時過ぎにはblogを書きだして、、、でしたが、そう毎日は続かず
間延びした更新になってました。

さて、この2週間の間に、買い物に行くと目についたもの。

そう!ラッキョウです!

「今でしょ!」 

って顔で、棚で自己主張してます。

この4年間、脳梗塞を患った次男坊と同居でしたので、しょっぱいものは全てご法度。
大好きだった漬物類も味噌汁も梅干も
我が家から消えました。

今!一人暮らしになって、
よおし!今年から「糠みそ」も「梅干つくり」も「たくあん作り」も「味噌作り」も
再開させるぞ~~!!!

そうだ、ラッキョウだって、甘酢じゃなくて、唐辛子もいれた塩漬けをつくろう♪
スライスしておかかをまぶして食べるの好きなんだもん!!

早速、5/9に下漬けし、12日に調味液に漬けたので、5/15くらいから
ポリポリ、ポリポリ、、、止まりません(^^;
b0207284_1344441.jpg


そして、糠みそも5/17からスタートしたので、
今はまだ捨て漬けの段階です。

煮物にする大根や人参の皮もキャベツのゴワゴワ外葉も
生姜の皮もニンニクの残った欠片も手についた塩麹も 
み~んな糠に投入(^^;

昨日くらいから、キューリ・人参・大根・キャベツを漬け出しました。
でも、まだまだ塩分が勝っていて、美味しいには程遠い!

塩出ししてから細かく刻んで、生姜のみじん切りを混ぜれば
まあまあ食べられるね♪
b0207284_247238.jpg


夏に野菜が沢山出回る頃までには、おいしくなりますように(^^)v
by doremi730 | 2013-05-22 01:29 | おうちごはん | Comments(10)

Museu Picasso → ランブラ・デ・マール港

Museu Picasso(ピカソ美術館)がホテルから歩いて15分くらいのところだったので、
帰る日の朝ご飯をゆっくり食べて、
b0207284_05975.jpg
荷造りしてチェックアウトも済ませ、
荷物はフロントで預かってもらってから、ピカソ美術館は10時openだし、、
散歩がてら出かけました。
<市役所>も彫刻がステキ!
b0207284_101747.jpg
朝食を食べ過ぎたので、さすがに入らないけど、美味しそうなアイスクリームね♪
ガラスに前の建物が写りこんでしまいました(^^;
b0207284_123121.jpg

着いたのは9:40だったでしょうか、、、
ものすごい人の列!!

わっ!甘かったわ~(^^;
b0207284_125093.jpg

でも、美術館ですから一度に沢山はいれるので、
10時にopenした時に入れてホッ!
チケット分の11ユーロは大事にとっておいたのですが、
なんと!この日はタダ!!

美術館を2度とも無料で観させていただいて、ラッキーやら
申し訳ないやら。。。
前日のカテドラル前の踊りといい、なにかお祭の時期だったのかしら?

パブロ・ピカソはマラガ生まれですが、14歳の時に父親の転勤に伴い、
バルセロナへ移住。

美術館は住んでいた家ではなく、貴族の館を改装して1963年にopen。
少年時代の「ピカソ以前のピカソ」作品から晩年のものまで収蔵されています。
マドリッドでゲルマニカを見損ねたのが悔やまれました。
b0207284_13455.jpg

パリに移住後も、バルセロナを愛してよく訪れていたそうです。

さて、13:30にホテルに荷物をとりに戻ればタクシーを呼んであるので、
まだ1時間半くらいあるわ。
飛行機の中で4回も食事がでるから、昼食はいらない。。

ランブラ・デ・マール港まで往復すると丁度よい時間かも。

来た道を戻り、ホテルの前を通過したところで、こんな衣装の方たちに遭遇。
結婚式かしら?
b0207284_191513.jpg

似顔絵描きの並ぶランブラス通りを港へ向かっていくと大道芸の人達も多い。

ピクリとも動かず彫刻のようにしていて、コインを入れると動く
この芸があちらこちらで見られました。
moreで別出ししようと思っていますが、この時のは本当に彫刻じゃないか?と思ってしまった!

ランブラス通りが終わったところが、地中海のランブラ・デ・マール港です。
観光船が発着していますし、桟橋の脇にはヨットハーバーもありました。

b0207284_1253273.jpg

あ、私も朝食のパンを少し持ってくればよかったな~!
b0207284_1252849.jpg

海運事務所?
b0207284_1353185.jpg

<Monument a Colom>
高さ60mで、エレベータで塔に登ることもできる

1888年のバルセロナ万博の際に、カタルーニャとアメリカの交易を記念して建てられた。
右手は高くあげて海を指し、左手にはアメリカ土産のパイプ。
コロンブスってColomなんですね。

b0207284_1412043.jpg

ホテルに戻って荷物を受け取ったら、丁度タクシーもきて、空港へ向かいました。
チップにお釣りを渡して、きれいさっぱりユーロも終了!

Adios BARCELONA! Adios SPAIN!!

More
by doremi730 | 2013-05-19 23:52 | 海外旅行 | Comments(10)

その3 カサ・バトリョ →カタルーニャ広場→グエル邸

OASSEIG DE GRACIA駅近くに3棟並ぶモデルニスモ建築。
一番手前の信号角は
<カサ・バトリョ>
実業家ジョゼップ・バトリョ・カサノバスの依頼で、ガウディが1870年第二建てた邸宅。
b0207284_5442486.jpg

完成当時は「あくびの家」とか「骨の家」と呼ばれたそう
b0207284_54573.jpg


隣は<カサ・アマトリェー>・・・これはガウディ作ではない。
入り口にはサン・ジョルディの竜退治の彫刻。
隣のカサ・バトリョを改築の際に、ガウディはかなり意識していたらしい。
b0207284_5462916.jpg

b0207284_5461381.jpg



<カサ・リュオ・モレラ>
ドメネク・モンタネールが建築した。彫刻や花柄タイル、レリーフを多用。
b0207284_5511610.jpg


次のCATALUNYA駅まで歩くと、大きな噴水が2つもあるカタルーニャ広場。
人々が憩い、待ち合わせし、日比谷公園を思い出した。
b0207284_5592353.jpg

b0207284_5594689.jpg


さらに一駅歩き宿泊先最寄り駅のLICEU。

<グエル邸>
ガウディがグエルとバシカルピのために建てた初期作品。
大理石など高級素材を多く使い、屋根にそびえる形も色もとりどりの煙突は
大理石の破片や割れたタイルなどを利用したそう。

b0207284_617121.jpg

b0207284_6174149.jpg

b0207284_618116.jpg


More  カタルーニャ踊り
by doremi730 | 2013-05-16 13:38 | 海外旅行 | Comments(6)

モデルニスモ建築めぐり その2 カサ・ビセンスとカサ・ミラ

グエル公園をたっぷり1時間半くらい楽しんだ後、次の「カサ・ビセンス」を目指して
地図を片手に歩きだしました。

LESSPS駅から裏の路地に入ったら、なにやら大きな物と人だかりが、、、
ん?なんじゃ?コレは!
b0207284_3485511.jpg

裏に回ってみたら、、、

ははは、これはいい!
SOの大好きなロープを滑車ですべる遊具の巨大版でした。
やりたがるかな? ビビルかな?
b0207284_35163.jpg

何やら地元のお祭?の一環のようで、その先には屋台がずら~っと並んでいます。

街をブラブラ歩くと、こういう思いがけない余禄もありますね(^^)
b0207284_3532329.jpg

その先の路地を曲がった先に、「カサ・ビセンス」がありました。
ここまで来るツアーはたぶんないのでは?
あたりに観光客もまったくいません。私が写真を撮っていたら、
地元の人がへ~?みたいな感じで建物を見上げていました。

<カサ・ビセンス>
ガウディが手がけた初めての住宅。
依頼主はタイル製造業者だったマヌエル・ビセンス・ムンタネルなので、
化粧タイルが多様されている。

ものすごく狭い路地なので、反対側の歩道から全体を撮るのが難しい!
本当は嫌ですが、仕方なく斜め撮り。。。
b0207284_359929.jpg

部分撮りを繋げてみましょう
b0207284_40663.jpg

あっ!ここの門扉も「棕櫚の葉」だ!!!
b0207284_405443.jpg

最寄駅のFONTANAの周りで、またもや凄い人だかりです。
何ナニ???
今度は、暴れ馬の乗り物に男の子が挑戦中。

b0207284_461731.jpg

ここから次の目標の「カサ・ミラ」までの間には建造物がないので、
一駅だけ地下鉄に乗ることにしました。

でも、、、、
実はこれが仇になったのです(^^;

地下鉄のチケット販売機の前で、地元の人っぽいのに
なんかトラブっていて、もたもたしています。
手には10ユーロ札を握りしめたまま、ついそちらに気をとられていて、
斜め掛けしてたバックがちょっと脇にまわっていた事に全く気がつきませんでした。

改札を入って、ふとバックをみたら、、、、
さっき10ユーロ札を出したあと閉めた筈のバッグのチャックが開いてます!
えっ!!!
中をみたら、お財布をスラレテしまいました(><)

あちゃー!やられた!

バルセロナは治安が悪く、「スリ」はもの凄く多い。
「ニセ警官」や「首しめ」でパスポートも取られる事件が多発している
と、ガイドブックに書いてあるのを朝読んで、カードとパスポートは別の汚い袋に入れて
バックの下の方にいれておいてよかった!
お財布もボロイのに替えておいたしね。

なんでって、、、
ホテルの朝食であった日本人女の子2人組もニセ警官に「ニセ札チェックです」と
言われて、パスポートとお財布ごとカードも取られたと聞いてたのです。

かなり注意してたのに、一瞬の隙をつかれた!
あ~、もしかして、、券売機で私の前のモタモタしてた人はグルだったのかもしれない、、、

それにしても悔しいのは、朝換金した2万円分だけでも、汚い中袋に入れておくんだった!
換金前の残金とあわせて、¥28000くらいを、貧しい方に寄付したと割り切るっきゃない!

念のために1万円札をバックの別のポケットに入れて置いたし、大丈夫!
と、「カサ・ミラ」目指して次のDIAGONALで下車。

「カサ・ミラ」に行ってカードで入場できないか?ときいたのですが、駄目。
Exchangeを探して周辺を40分ほど、ぐるっと回ったが見当たらない。
え~!
そんなに大きくないホテルのフロントにも行ってみたのですが、
宿泊客じゃないとわかるとNO!
あらら、その朝換金したExchangeまで戻るには地下鉄で4駅くらい往復しなきゃいけないし、、
もう夕方18時だったので、暗くなるまでにまだアチコチ回りたいからな~。。。

いいや、建物の外観だけを楽しむことにしよう!

<カサ・ミラ>
実業家ペレ・ミラの依頼で、ガウディが地中海を表現して建てた住宅兼高級アパート。
b0207284_4542524.jpg

b0207284_4544186.jpg

b0207284_4545986.jpg


次の地下鉄の駅PASSEEIG DE GRACIA の少し先に3棟並んで観光名物の建造物がある。
一駅ないのだから、有名ブティックが多数並んでいる銀座のようなグラシア通りを
ウィンドウショッピングしながら歩いた。

道路沿いにずっとある街路灯もガウディ作品です。
b0207284_511912.jpg


写真が重くなって、開きにくくなったので、ここから先を<その3>に移しました。
by doremi730 | 2013-05-16 04:43 | 海外旅行 | Comments(2)

モデルニスモ建築めぐり その1-グエル公園

サグラダ・ファミリアを後にして、アントニ・ガウディが建造したものを
できるだけ多くみて廻りました。

「モデルニスモ」とは、{新しい芸術」という意味のスペイン語で、
19世紀末~20世紀初頭にかけてカタルーニャ地方で興った芸術運動です。

なかでも、建築の分野の活動が盛んだったバルセロナには、ガウディだけでなく
いろいろな人のモデルニスモ建築が現在も残っていて、街を散策観賞できます。

まずは地下鉄を乗り継いで、VALLCARCA駅で下車し、歩くこと20分。
b0207284_5471141.jpg

1900~1914にかけてガウディが作った「グエル公園」へ。

b0207284_633514.jpg

b0207284_634194.jpg

b0207284_6344727.jpg
破砕タイルのドラゴンは公園のシンボル
b0207284_6432519.jpg

b0207284_6435338.jpg

b0207284_644763.jpg

この棕櫚の葉のモチーフはガウディが他の家の門扉にも好んで使っていますよね。
私もこれが大好きなので、本物に触れて感激!
b0207284_6443071.jpg

グエル公園といえば、この柱廊の傾いた支柱が有名ですね。
やしの木をモチーフにしています。
優雅にバイオリンを弾いてくれていますが解りますか?
b0207284_6595326.jpg

実は高低さのある園内を結ぶ陸橋の続きの土台なのです。
b0207284_6523689.jpg

b0207284_70373.jpg

時間切れで~す。
他の建築物は、その2で。。。
by doremi730 | 2013-05-14 05:32 | 海外旅行 | Comments(6)

サグラダ・ファミリア その2

鐘塔は「生誕のファサード」に4本、受難のファサードに4本の計8本できています。
あと「栄光のファサード」に4本できて12本になれば、鐘が取り付けられるそう。
12使徒に捧げるという意味も込められているようです。

<建設経過と予定の表 2030年までになっている>
b0207284_5525176.jpg

塔にあがるためには、入場券を買う時に一緒に申し込むと、見学時間をチケットに刻印されます。

塔は狭いところを階段をあがるため、人数制限しなくてはいけないからです。
ですので、その待ち時間に地下博物館をゆっくりみている事ができます。

サクラダ・ファミリアの建設に関連した貴重な資料や経過写真、様々な縮尺の石膏模型、
レリーフやガウディの写真・年表なども広い空間にゆったり展示されています。
b0207284_613187.jpg

b0207284_6113717.jpg

b0207284_6134373.jpg


いよいよ塔の中へ

b0207284_6202826.jpg

b0207284_6211113.jpg

b0207284_6214325.jpg

b0207284_6291431.jpg

b0207284_6301876.jpg

塔から降りたあとは、ランチ後15時~22時まで、
他のガウディ作品を地下鉄に乗ったり、とにかく歩いて訪ねてまわりました。

そして、最後にもう一度、サグラダ・ファミリアにやってきました。
ライトアップを見るために♪
b0207284_6354274.jpg


More  ランチ
by doremi730 | 2013-05-13 06:10 | 海外旅行 | Comments(4)

サグラダ・ファミリア その1

サッカーがオンシーズンのようで、BALでみんなでテレビ観戦して飲んで盛り上がり
前の晩も隣の部屋の方は、夜中の3時過ぎにご帰還!
部屋の戸をドンドン叩くし、何語か解からない言葉で大声で陽気に喋るし、、、

たまたま2時過ぎには目覚めていたのですが、何事かと驚きました、

さて、私のバルセロナ行きのメイン目的は、なんといっても
奇才アントニ・ガウディの建造物をできるだけ多く見たい!

この願望はもうずっと以前に、日本人の建築家が
ガウディのように教会内に住んで、指揮をしているテレビの番組をみてから
さらに強くなりました。

そして、2年前に伊豆の一碧湖の近くの美術館でガウディの特設コーナーをみて
棕櫚の葉を模した門扉の一部の実物や建造物の写真を多くみた時に
「どーしても死ぬまでに行きたい病」に火がついてしまったのです。


前の一人旅のTさん情報で、サグラダ・ファミリアは朝一行って並ばないと、
それでも入れたのは昼だったと聞いて、大幅にスケジュールを変更。

この日も朝8時にはホテルを出発し、LICEUからL3でPARAL・RELへ行き
L2に乗り換えてSAGRADA FAMILIA駅へ。

地下鉄路線図をみるとPASSEIG DE GRACIA乗り換えが早く思えますが、
駅の中を延々歩かなくてはいけないので得策ではありません。

この朝は偶然に逆方向に乗ってしまったので、仕方なくPARAL・REL経由で行ったのですが
これが大正解だったわけです。
夜にライトアップを見に行った時には、解っているつもりで
PASSEIG DE GRACIA経由にして失敗(^^;

話を戻して、SAGRADA FAMILIA駅の階段を昇って出ると、
すぐ目の前に建築工事中のネットで覆われた聖堂が聳えたっていて
「あ~!来たんだ!!」 もう感激!
b0207284_1253817.jpg

団体入り口の<生誕のファサード>の入り口
b0207284_1285172.jpg
b0207284_14113688.jpg


反対の受難のファサード側が個人口なので回ろうとしたら、すぐの曲がり角まで長蛇の列が、、、
おっと!のんびり写真撮ってる場合じゃなかった!!

ちょうど日本人の新婚カップルの後ろにならんだので、11:45に入れるまでの3時間近くは
とても心強く、いろいろと話たり、ご主人が情報を聞きにいってくださったり、
写真を撮ってきても、またその後ろに入れたりでラッキーでした。

ネットで予約した紙を持っていくと、個人口もすぐにはいれるので
新婚カップルがスマホでトライしてくれたのですが、何度やっても
途中でアクセスができないというので、あきらめて並びましたが、、、

これから行かれる方は、是非日本にいるうちに、ネット予約した紙を持参してね!
塔に昇るのも時間予約で2時間半後でしたから、かなり非効率です。
入れない場合もあるらしいですし。

<受難のファサード>
b0207284_14224919.jpg

b0207284_1417298.jpg

中に入りましょう

ドアにも中のモニュメントにも、建造に携わった人の名前が刻まれています。
b0207284_1535264.jpg


b0207284_1545542.jpg

b0207284_1553494.jpg

b0207284_156399.jpg

b0207284_1563998.jpg

b0207284_157373.jpg

b0207284_1575820.jpg

感動の連続でした♪

追記:サグラダ・ファミリアが2030年に完成予定だそうです。


明日の夜まで出かけてきますので、塔に登った写真は別だしします。
by doremi730 | 2013-05-11 15:09 | 海外旅行 | Comments(10)

AVEでバルセロナへ→モンジュイックの丘

ATOCYA駅から9:30のAVE(新幹線)に乗るためにホテルを8:20に出た。
3度目の駅だから目をつぶっててもいけるわ!
と、タカをくくったのが、大間違い!

SOL駅の外から改札までのエレベーターはチェックしてあったのですが、
構内のEVチェックをしていなかったので、大きなトランクを抱えているからと
乗ったエレベーターが着いたのは、逆方向のホームだったのです。

気がつかずに来た電車に乗り、2駅目でふと駅名をみると。。。
えっ!違うじゃん!!
慌てて降りて逆方向の電車に乗り換えました。

ATOCYA駅では大きな荷物を抱えて、階段を昇り(^^;オモイオモイ。。。

列車に乗る場合は、駅の改札の前に荷物検査の機械を通すのがあるので、
ちょっとヒヤヒヤしましたが、朝早くて空いていたので、9:10には待合でホッ!と一息。

ここでもやはり、9:20まで何番線に行ったらいいのか、電光掲示板に表示されません。
始発駅なのに、、、日本じゃ考えられないですよね~。
b0207284_1341652.jpg
BARCELONAのSANTS駅に12:40到着。

ガイドブックに、正規タクシーは黒い車体に黄色ドアので安全。
いわゆるシロタクは遠回りされたり、法外な料金のことがあるそう。
タクシー乗り場がわからなかったので、「LIBLE」のボードがでて、空車表示グリーンランプの
流している黒&黄ツートンタクシーを拾った。
b0207284_232552.jpg


私が列車の中で書いておいたホテルの名と番地の紙を渡すと
苦虫を噛み潰したような顔をして頷き、かなり粗い運転で
たまに邪魔になるバイクに向かってどなるので、ちょっと緊張。

バルセロナの運転はみんな粗い!!
スレスレのところに突っ込んでくるし、縦列駐車してる車の隙間は殆どない!!
前後ろの車にガンガン体当たりして出ていくそうだ(><)ありえない!

さて、通りから路地にはいり、もう着くのかな?というところで
なんと広場が通行止めで歩行者天国のようになっている。
運転手さんは、やはりそこに入ってしまってUターンをしている他の車の運転手に
「なんでなんだ!今日は通行止めなのか?」←想像です

いきなり90度にもっと細い路地に突っ込んだ。
車が一台やっと通れるかどうかの路地です。
本当にその広場の先がホテルだったので、遠回りしてお金がかからないように
すっごく誠実な方だったのです。
私には全く通じていないにもかかわらず、スペイン語で誤っています。
きっと
「今日は特別な祭の日で、急に閉鎖されていたから、通れなかったんだ。
遠回りしたら、あんたがソンするから、この細い路地を行くけど、
ホテルはすぐそこだからね。もう少し我慢しておくれ」

下車した際に、お釣りの1.5ユーロをチップで。とジェスチャーしたら。
本当に優しい笑顔で「Gracias!」  いい人でした(^^)v
今度のホテル「RIALTO」は、
外観は厳かで歴史がある建物でしたが、フロントは近代的で、スタッフも全員英語ぺらぺら。
簡単な日本語の挨拶が出来る人も。

地下鉄LICEU駅とJaumel駅の中間で、メインストリートのグランシア通りや
カタルーニャ広場もまあ近くて、とても便利な場所でした。

しかし、部屋がせまく、ビジネスホテルという感じ。
大荷物はベッドの上でひろげないといけませんし、トイレとバスタブも狭い。
まあシングルだからなのかもしれませんが。。
マドリッドのレヘンテが優雅だったので、ちょっとがっかりでしたが、旅行代金を考えたら
こちらが当たり前ですね(^^;

朝食のバイキングは充実してましたので、まあ仕方ないか?

さて、息の詰まる部屋に長居は無用!
即、出かける用意をしてフロントの前を通ると、やはり日本人の一人旅の女性と
出くわしました。
彼女は4月27日の連休のはじめからスペイン各地を訪れていて、
翌朝早くバレンシアへ向かうのだそう。

これから丁度昼を食べるというので、一緒にホテルから5分のランブラス通りでランチ。

このランブラス通りは、サマセット・モームが「世界で一番美しい通り」と言ったそうで、
通りの真中の道にプラタナスの並木が続いて、その両脇にはテーブルと椅子で
ワインやビールと料理を楽しむ人たちが。
b0207284_2523172.jpg
我々も小皿料理でちょっと優雅なランチをしながら、久しぶりに日本語でおしゃべり。
情報交換もしっかりしました

b0207284_253219.jpg

LICEU駅入り口の横には、地面に大きなミロのモザイク絵が♪
b0207284_2565789.jpg

港方向に向かうと、似顔絵描きが30人くらいひしめいています。
5分で描いてくれるそう!
値段が表示されてないので、やめておきましたが、どの方もすっごく上手です。
b0207284_2592288.jpg

さて、お互い行きたい場所が違うので、彼女とは明日の朝食で7:30に会いましょう!
と約束して、ここで別れました。
夕飯はお互いに時間を束縛されたくなかったので、まあ、偶然会えたら、、
じゃないと一人旅の意味がないですものね。

私はLICEU駅から地下鉄にのりPARAL-LEL駅でフニクラ(ケーブルカー)に乗り換え、
PARC MONTJUIC駅へ行き、そこからテレフェリック(ロープウェイ)で
モンジュイックの丘へ。
b0207284_410127.jpg


な~んて、スラスラといけたように書いたのですが、このルートは大変でした。
まず、彼女のアドバイスで地下鉄10回券をLICEUで購入。
b0207284_3182832.jpg

これでバスも地下鉄もフニクラも全部で10回まで乗れる筈でした。

ところがフニクラの改札が通れないのです(^^;
おかしいな~?ガイドブックにも地下鉄と共通ってかいてあるのに、、??
仕方なく、新たにチケットを購入しようとするが、地下鉄の青い券売機しか見あたらない。
どこにあるか解らないよ~?
何度も聞きながら、やっと隅のほうにあるので買ったけど、これでいいのか?
思ったより高いんですけど、、、往復?

次のテレフェリックは別に買うとガイドにもあるので、
券売機に20ユーロ札を入れて、往復10.5ユーロを買おうとするのだが、
お札が戻ってきてしまう??

列の後ろに回って、みんなの様子を見ていると、10ユーロ札しか認識していないようだ。
20ユーロで往復の人は皆困っているか、カードで買っている。
よしよし、10ユーロ札で片道6.5ユーロを買おう!

モンジュイックの丘に辿り着いたら、かなり疲れてしまいました。
b0207284_4431747.jpg

b0207284_4424247.jpg


モンジュイック城はバルセロナで一番高いところにあり、街や港が一望できます。
ここでの夕日観賞を目指していたのですが、なんせ21時ころまで暗くならない、、、
眺望はいいのですが、風がビュービューふいていて寒いし、
お茶もワインもできないのでは、まだ19時じゃ待てないわ、、、
と帰ることにしました。

駅に向かおうとした途端、小さな虫が左目に飛び込んできたのです。
コンタクトと虫でもの凄く痛い!
建物の陰で風をよけながら、なんとかコンタクトをはずしたものの、
まだ羽か何かが目の中に残っているようで痛くてどうしようもありません。

ケースもホテルに置いてきてしまっていたので、コンタクトを親指と人さし指でそっと摘んで
みえない目でやっとこテレフェリックの駅に辿り着いたのですが、
なんと10ユーロ札も小銭もありません!
20ユーロ札を試しに入れてみたのですが、やはり駄目!!
なんてついていない日でしょうか。。。

お金を崩して欲しいというスペイン語がわかりません。
えい!もう歩いて下ろう!
とことこ30分近く歩いて、フニクラの駅に行き、確か往復料金だったよな~
と、改札にいれようとしても入りません。
係りの方に、ガイドブックを見ながら「イーダ イ ブエルタ?(往復キップ?)」
すると、「ノ!イーダ」 
え~、、、片道だったの?
試しに共通のはずの10回券も入れてみるのですが、券は通るのに
バーを押しても動きません。

仕方なく、また道を下って行き、バス通りまで行って、
疲れてしまったので、黒&黄ツートンタクシーを拾ってホテルに戻りました。

なんかこのあと出かけると、今日はついてないから怪我したり
スリに会ったり、トラブルがありそうだから、もう大人しく寝よう!!!
私にしては珍しく22時くらいに寝てしまいました。

なので、2時には目が覚めてしまい、ガイドブックを再度詳しく読み直して納得!
一人で大笑いしてしまったのです。

マドリッドでは、券を機械に通したらその左側を通りぬけたのですが、
バルセロナでは、券を入れて右側を通りぬける機械があるので、
注意するように、、、ですって!

だから、チケットは機械を通っているのに、バーが動かなかったんだ!!
って言うことは、3回分くらい券だけ通って乗らなかったってこと?
あ~、ソンした!



by doremi730 | 2013-05-11 03:00 | 海外旅行 | Comments(0)

小さい頃好きだったあの遊びの緊張感と煌きをいつまでも忘れない
by doremi730
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新のコメント

tamataroさま、あ..
by doremi730 at 00:34
お早うございます 天気..
by tamataro1111 at 06:11
arakさま、ありがとう..
by doremi730 at 21:49
yasukonさま、あり..
by doremi730 at 21:44
yasukonさま、あり..
by doremi730 at 21:23
逆さマッターホルン、良か..
by umi_bari at 18:46
懐かしい展望台の風景です..
by yasukon20 at 17:40
逆さマッターホルン そう..
by yasukon20 at 17:35
tamataroさま、あ..
by doremi730 at 10:43
お早うございます 素晴..
by tamataro1111 at 09:29
yasukonさま、あり..
by doremi730 at 05:39
こんばんは! 私が..
by yasukon20 at 22:38
arakさま、ありがとう..
by doremi730 at 11:55
yasukonさま、あり..
by doremi730 at 11:52
綺麗な高い山へ行かれまし..
by umi_bari at 07:40

以前の記事

2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

検索

最新のトラックバック

下北沢 本多劇場 「ザ・..
from 遊ぶろうぐ
伊豆高原1泊2日 10/..
from 遊ぶろうぐ
トルコ旅行 ② 食事
from 遊ぶろうぐ
主夫のお気にいり♪  /..
from 本当に幸せなの?
北海道旅行(利尻島・礼文..
from 忘れな草のフォト日記
七夕飾りで彩り、セールや..
from ローカルニュースの旅
「花と緑の利尻島・礼文島..
from 本当に幸せなの?
四国こんぴら歌舞伎大芝居..
from 本当に幸せなの?
浅草 ロシア料理「ラルース」
from 遊ぶろうぐ
映画「小さいおうち」観て..
from 本当に幸せなの?

ライフログ

外部リンク

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな