人気ブログランキング |

だるまさんが転んだ♪

<   2012年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

圓光寺 -京都・洛北-

もう5月も終わってしまうというのに、、、
10日前の旅のレポートをまだ引っ張っていては、先にすすめませんね(^^;

京都で訪れた先で、飛ばしてしまったのが2件あるので、そのUPでお仕舞いにします。

詩仙堂のすぐそばにある<圓光寺>

観光客の多くは詩仙堂だけで帰ってしまうので、
爽やかな初々しくまばゆい緑に溢れたお庭をひとり占め!
b0207284_5524768.jpg

b0207284_5533696.jpg

b0207284_6101897.jpg
水琴窟も左右違う音を奏でています。
こっちの方が高低差があるよ♪
b0207284_5563797.jpg

どれどれ、、、   あ、ホントだ!
ねっ♪
b0207284_611581.jpg

羨ましいばかりの仲睦まじい同級生夫婦で、いいなぁ~(^^)v 


連れ合いはそそくさと彼岸に立ってしまったし、、こんな風に心が通じあえる相方、いないかな~?
b0207284_663142.jpg
はいはい、、、
現状に不満を持たず、お迎えが来るまで、たった1度の人生ですからね、
精一杯楽しみますよ~♪  

More そして竜馬
by doremi730 | 2012-05-31 23:59 | 国内旅行・温泉・行楽 | Comments(4)

寿長生の郷 -叶 匠壽庵-

京都に行く前にmichi-kanさんにご連絡を取らせていただいた折、
とても細やかな気遣いで、どこに行きたいかを尋ねてくださり、、

候補のなかに<寿長生の郷(すないのさと)>というのが出てきました。

えっ!!
それってもしかしたら、滋賀県大津にある「叶 匠壽庵」の果樹園ですか?

ご存知?いらしたことあるの?

ずーーーっと昔、まだ「叶 匠壽庵」が関東に進出なさる前、30年近くなるかしら?

主人が出張で京都に行った時に、連れていっていただいたと、
お土産で「あも」や柚子のお菓子を買ってきてくれて、
広大な果樹園で原料から大切に育てているのを
感激して話してくれたんです。

一度行ってみたかったの♪

という訳で、寿長生の郷に連れて行って頂きました。
b0207284_0191631.jpg

井戸の釣べの縄のことを 豊国では寿長生(すない)と言うそうで、
郷を訪れた方々に、活力を汲み上げていただきたいという思いから名付けたものだそう。

一つひとつのお菓子を材料から大事に育てている、その心意気が
随所に感じられる、癒しの郷でした♪

果樹園の中でも、一番力をいれているのが、梅林。
b0207284_1222384.jpg

創業者・芝田清次は梅の菓子に合う素材を求めて全国を歩き、
京都府青谷地区のみでつくられている「城州白梅」に辿り着きました。

希少性が高く、大粒で果肉も厚く芳醇な香りが漂うこの梅に惚れ込み
自社で梅をつくり育てたいと寿長生の郷を開いたそうです。


<野の花観音道>には、よ~く見ると、沢山の小さな花達が咲いていました♪
二人静、シライトソウ、ジエビネ、野萱草、ヤマアジサイ、矢車草、、、名前も知らないのも多々
b0207284_1474068.jpg

b0207284_1232528.jpg


映り込みを狙ったものの、ゴチャゴチャですね(^^;
b0207284_1235810.jpg


柚子園の近くには、今が盛りの芍薬の園が!

b0207284_124457.jpg

b0207284_1251628.jpg

b0207284_13111100.jpg

(牡丹は終わってしまって、黄牡丹が少しでした)牡丹と芍薬は似た花ですが、違いは葉の大きさだそうです。
b0207284_1331117.jpg




michi-kanさんの記事で美しいお花達が拝見できますよ♬
(クリックしてみてね!)

More  5月のお茶席
by doremi730 | 2012-05-29 23:59 | 国内旅行・温泉・行楽 | Comments(8)

哲学の道~銀閣寺 朝のひとり散歩

一人旅の良さは、勝手気ままにできることだろう。

夜は遅くまでワインを呑み、朝は目が覚めたらすぐに散歩。
行き先も決めずにぶらぶら、、、

michi-kanさんに教そわった「ワールド珈琲」で
豪華なモーニングと美味しい珈琲をゆっくり堪能したあと、
すぐ近くの哲学の道へ。
b0207284_485960.jpg


ほとんど人がいないので、これはいい!と銀閣寺にも行き
8:30amに開くのを待ちました。

しかし、、、、
ゾクゾクと修学旅行の団体が集まりだし、寺内は大渋滞!

ゆっくりどころじゃなかった、、、(^^;

b0207284_4121186.jpg

この写真撮るにも、学生達のはけるのを待つこと15分。。。
b0207284_4124197.jpg


やっぱり、観光ルートに入ってないお寺じゃないと、早朝でもゆっくりできないのね。

More 面白い!
by doremi730 | 2012-05-28 04:15 | 国内旅行・温泉・行楽 | Comments(6)

随心院

京都行きのもう一つの目的は、
blogでよくコメントをつけてくださっているmichi-kanさん
お会いすることでした。

5/20の朝、michi-kanさんとご主人様で私の宿泊先まで
車でお迎えにきてくださり、まずご案内いただいたのが
小野小町ゆかりの寺、真言宗大本山「随心院」

初めての拝観です。

「花の色は うつりにけりないたづらに わが身世にふる ながめせしまに(古今113)」の句碑。
右の白い壺に水がはってあり、おみくじを浮かべると字だけが浮きあがって見えます。
b0207284_13433523.jpg

小野小町がお出かけの時の台車でしょうか?
b0207284_13442579.jpg
b0207284_135033.jpg

b0207284_1454885.jpg

b0207284_13561412.jpg

お一人は写経、もうお一人は仏画を写して(写仏)描いておられます。
b0207284_13585567.jpg


michi-kanさんはいつも美しいお写真をupされていらっしゃるので
教えていただき、反対側の縁に廻って、真似して窓の映り込みを撮ってみました。
b0207284_14552950.jpg
う~ん、、、なかなか難しい。。。

この後連れて行っていただいた「寿長生の郷」は別だしします。

mchi-kanさま、ご主人様、大変お世話になりました。
ありがとうございました!!

More 京新山  -東山-
by doremi730 | 2012-05-27 14:07 | おそとごはん | Comments(6)

詩仙堂で モリアオガエルの卵に遭遇!

京都には年1~2回は行くのですが、歌舞伎を観るのがメインなので
お寺拝観はココ!と決めたピンポイントで行くことが殆どです。

今回は、詩仙堂→圓光寺→曼殊院を歩いて廻りました。
b0207284_704952.jpg

詩仙堂で庭をゆっくり堪能。

ちょっと前はツツジが綺麗だったでしょうね、、、すっかり終わってます。
b0207284_714757.jpg

お庭に出てみると、大手鞠や梅花ウツギが綺麗な花を咲かせてくれてました。
b0207284_743174.jpg

b0207284_7102486.jpg
池のそばで庭を掃いていた85歳のおばあさまが
「昨日からモリアオガエルが木に登って、卵産んだよ。ほら!」と教えてくださったのです♪
b0207284_712029.jpg


えっ!モリアオガエルって小さいですよね?
あんな大きな卵うむんですか?泡みたいな中に沢山のおたまじゃくしの卵があるんですね。
下の池に落ちて、おたまじゃくしになるそうです。
b0207284_7112116.jpg

久留米絣の前掛けをしたおばあさまは、
石川丈山が詩仙堂を作った時に、村人にも土地を与えてくれた歴史や
日々の生活のことをいろいろと話してくださって、
こうやって丈山先生に恩返しで詩仙堂の庭を掃いたり、
皆と話したりしてるから元気でいられるのよ♪
と素敵な笑顔でにっこり♪
b0207284_715257.jpg

by doremi730 | 2012-05-24 06:10 | 国内旅行・温泉・行楽 | Comments(4)

 < 羅 >

西陣町家<西倶>の庭の塀の向こうがちょうど西陣織の渡文さん。
10時から織物の説明もしていただけると言うので、行ってみました。
b0207284_225223.jpg

糸がかけてある沢山の織機の前で、西陣手織の説明やら、
機械織との違いを見せていただき、実際に実演も。
カードのようなものを入れて、いますが、
160種類くらいの模様は頭に入っているそうです。
b0207284_2261550.jpg


一緒の友人が織物に少し詳しく、
「羅は織れますか? 織れる人が少ないそうですが」

と質問した途端、50歳の職人さんの目が変わりました!

「あ~、織れるよ! 見せてあげる!!こっちへきて」

一番奥の織機に座ると、真剣な表情で織り始め
「コレをやる時は、口は開かない!真剣だ!」
b0207284_227758.jpg


私は、お恥かしいのですが、「羅」をこの時に初めて知りました。
「紗」と「絽」の着物は持っているので、知っていますが。。。

友人はお母様の遺品で「羅の夏用着物コート」をお持ちだそうです。

↓がこの職人さんが織ってくださった網目です。
本当に涼しそうです。
b0207284_555361.jpg


あ、忘れてた!
光を当てると色が変わる不思議な染色。

宮中の行事は真夜中が多かったそうで、夜に紫は見えにくい。
しかし、グレーの糸に光が当たって高貴な紫に変わるこの染色技術は
高貴な男性だけが使用を許されたそうです。

左が自然光 右はライトを当てたもの

b0207284_68956.jpg



全くしらなかったので、<羅>を ちょっと調べてみました。

『羅』は夏の織物である。
同じ夏物を代表する織物に『紗』と『絽』がある。

中国語辞典では
『羅』 (鳥などを捕えるための)あみ。 薄い絹、あや絹。」
『紗』 棉花・麻などをつむいだ細い紡績用糸。織目があらい薄い布、目の粗い絹織物。」

中国語に『絽』の漢字は見当たらない。日本の漢和辞典で引いてみると、
「[絽] 薄くすいた絹織物の称。 しま糸織。 ぬう。」

日本人は外国の文化を取り入れ、いつしか自分の文化と和合させてしまう達人である。
中国語には無い『絽』という字を創り、あたかも元々あったかのように羅や紗と同列に置いている。
羅や紗は絽よりもはるかに歴史が古く、中国では漢の時代より知られている。

正倉院の御物にもあるほど古くから知られているが、織方が複雑なために、
その技術は一時跡絶え、本格的に復元されたのは昭和に入ってから。

その織組織は非常に複雑で、一本の縦糸が左右の縦糸と絡み合いながら織られている。
そのためにとても目が粗くなるけれども、しっかりとした生地ができるのである。

羅の組織は一見編み物のように見える。しかし、これが織機で織り出されるのだから
昔の職人の技術の高さが伺える。
一方、紗織は二本の縦糸が交差しながら織られたもので、羅よりもその組織は単純である。

織の組織上、『紗』と『羅』は明確に区別できるけれども、実際の商品分類上、
紗織の中でも目の粗い、『粗紗』(あらしゃ)と呼ばれる織物も通常羅と呼ばれている。
太い撚糸で織った紗は紗目が大きくなり、羅と同じような機能を持つ。

羅は目の粗いのが特徴で、通気性に富んでいて夏の織物として使われるが、
余りに目が粗いので単衣のきものに用いられる事はなく、コート地や帯地に用いられている。
羅の帯は芯を入れない八寸名古屋帯なので、通気性が損なわれず、本当に涼しい。

太い撚糸で織られているために、生地がしっかりとしていて何度きつく締めようとも縒れる事もない。
きちんとたたんでさえおけば、少々のしわは元通りになってしまう。

目の粗い羅織の帯は晴れ着にはならず、洒落帯として普段着に用いられるけれども、
実用的な涼しい帯としては一番である。
コートとして用いられる羅も通気性があり初夏から夏にかけてのコート地としては最高である。
by doremi730 | 2012-05-23 01:17 | ハヤリ物。頂き物。めっけもの | Comments(2)

西陣町家 <西倶>

南座で上演されている玉三郎丈の「ふるあめりかに袖は濡らさじ」を
観るために週末、京都に行ってきました。

京都に泊まる時は、たいてい片泊まりの宿にします。

お芝居のことが多いので、夜は観劇の幕間にいただく
お弁当が夕飯のことが多いし、そうでない時は
美味しい懐石料理をいただきたいからです。

今回はまた、よりいっそう面白い、とっても良い宿をみつけました。

憧れの町家を1軒丸ごと借りる!
西陣<西倶 (さいぐ)>


当然のごとく、一日一組限定!

築100年となってましたが、手入れが行き届いていますし
全然綺麗で時代を感じさせません。
b0207284_7104445.jpg

入り口を入ると2階の天井まで吹き抜けになっていて
ずーーっと奥まで廊下が続いているので視覚的に狭さを感じませんが
本当にウナギの寝床といわれるのがよくわかります。
b0207284_7111530.jpg


間口は狭いのですが、奥へ奥へと部屋が続いていきます。

2部屋の先に台所。
食器も一通り揃っていて、簡単なお料理ができます。

次のトイレは中庭の方へ出っぱったところ。
その先に洗面と脱衣所や洗濯機。
突き当りがお風呂。

中庭に下りると井戸があり、飛び石も配されて
部屋から眺めても美しい坪庭になっています。
b0207284_7125828.jpg

建物の脇をすり抜けると奥には美しい庭も!

あら?二階があるはずなのに、、、階段がないわ???

押入れと思った2部屋めの黒い引き戸を開けたら
実に狭いところをうまく利用した黒塗り箪笥のような階段が出現!!!
b0207284_7133189.jpg


急階段を上がっていくと、二部屋あります。

手前の吹き抜け側の部屋は細長い窓があり
玄関が見下ろせますし、視覚的に広がりを取り入れて
狭さを感じさせません。
京の伝統的な賢い知恵ですね♪
b0207284_7135287.jpg


大人数で泊まったほうが、一人単価は安くなるのですが、
今回は友人と二人だったので、朝食がついて@¥11000
(5人だと@¥6000くらいのようです)

★朝食は、近くの「のばら珈琲」でモーニングを頂きます。
Moreに夜 追加しま~す

そして、もっとも感激し、驚いたのは オーナーの松本さんの優しさ です。

南座まではバスで向かったのですが、芝居が終わるのが21:40。
タクシーで帰ろうと思っていたのですが、迎えに来てくださるとのこと。

ちょっと先斗町で一杯呑んだ23時頃に、笑顔で迎えに来てくださったのは
息子くらいの年齢の若き青年(=オーナーさん)でした!

京都の町を楽しんでほしい、知ってほしい、西陣の方も堪能してください
と車中で熱い思いを語ってくださいました。

そして、翌日。
友人のご主人が単身赴任先から合流のために京都駅へ迎えにいくのも
車で行ってくださった上に、私だけがその晩泊まる宿へ
荷物を預けにいくのも車で乗せていってくださったのです!!!

西陣⇒京都駅⇒北白川 時間にして40分
タクシーだったら4000円くらいかかったと思います。

親戚でもないのに、こんなに親切な方は見たことがありません。
ステキな笑顔そのままに、本当に心優しい青年でした。
宿の気配りの仕方もおのずと解るというものです。

これから京都に行くときは、また絶対に泊まりたいな~と思いました。


More のばら珈琲
by doremi730 | 2012-05-22 07:26 | 国内旅行・温泉・行楽 | Comments(4)

エアウェーブ

先週の土曜に1年半ぶりにパーマをかけました。

動機は本日(5/17)に、45年ぶりに会う方が6人ほどと、
4年ぶりにお会いする先生や友人が8人のクラス会があるから。。。

去年の骨折前はショートカットだった髪をずっと切らずに
伸ばしっぱなしにしてきたので、ここらでちょいと揃えてみましょ♪

なんと、エアーウェーブなる技術があるとの事で、
なんでも試してみたい派の私メといたしましては
「じゃあ、それで!」
b0207284_3575083.jpg


クルクルとカーラーで巻いてパーマ液をかけ15分放置。
液を一度洗い流したあと、この機械で形状記憶させるのだそう。
b0207284_402319.jpg
ゴーゴーと風の音が激しく、台風のなかにいるようです。


アトピーで皮膚が弱いため、両方一緒にできないので
白髪染めは今日に回してブローしてもらっってきました♪

<製造メーカー:タカラベルモント>の宣伝文句は

空気で仕上げる 第3のパーマ エアウェーブ
エアウェーブは、どこまでもナチュラルな質感をめざし、
毛髪の分子レベルから見直し開発されました。
毛髪の「温度と水分量」のバランスを、
air waveが空気の力を活用してコントロールし、
クリープとガラス化(コルテックスの移動と固定)へと導きます

by doremi730 | 2012-05-17 00:32 | ハヤリ物。頂き物。めっけもの | Comments(10)

アプサラ・ダンス

9世紀頃に生まれた宮廷舞踊がアプサラ・ダンス。

アプサラとは天女のことでこの踊りが神への祈りとして捧げられた。

クメール文化の真髄と言われ、壁画の中にも沢山登場する。
b0207284_21252190.jpg


b0207284_21255073.jpg

ラーマーヤナが題材のぶ男が美女に求婚する踊りや、若い男女が踊る耕作や漁の踊り
b0207284_21265783.jpg


ポル・ポト政権時代は多くの踊り子が処刑されたそうだが、
難を逃れた少数の舞踏家によって復活!
現在は養成も進んで、ホテルやレストランで食事をしながらのアトラクションとして
観光の目玉となっている。

More 東洋のモナリザ
by doremi730 | 2012-05-15 22:26 | 海外旅行 | Comments(0)

母の日 ありがとう♪

同居している次男夫婦からプレゼント!
b0207284_2252821.jpg

私があまりカーネーションを好きじゃないので、
カーネーションは2輪だけで、大好きなバラと蘭の花篭

とっても綺麗! ありがとう♪

そして、夕飯は、私の大好物のオンパレード!!!

今日は無性に炊き込みご飯が食べたかったの♪

お嫁さんSちゃん、本当にありがとう(^^)v
b0207284_22555837.jpg

by doremi730 | 2012-05-13 22:40 | はぐくむ | Comments(6)

小さい頃好きだったあの遊びの緊張感と煌きをいつまでも忘れない
by doremi730
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新のコメント

tamataroさま、あ..
by doremi730 at 00:34
お早うございます 天気..
by tamataro1111 at 06:11
arakさま、ありがとう..
by doremi730 at 21:49
yasukonさま、あり..
by doremi730 at 21:44
yasukonさま、あり..
by doremi730 at 21:23
逆さマッターホルン、良か..
by umi_bari at 18:46
懐かしい展望台の風景です..
by yasukon20 at 17:40
逆さマッターホルン そう..
by yasukon20 at 17:35
tamataroさま、あ..
by doremi730 at 10:43
お早うございます 素晴..
by tamataro1111 at 09:29
yasukonさま、あり..
by doremi730 at 05:39
こんばんは! 私が..
by yasukon20 at 22:38
arakさま、ありがとう..
by doremi730 at 11:55
yasukonさま、あり..
by doremi730 at 11:52
綺麗な高い山へ行かれまし..
by umi_bari at 07:40

以前の記事

2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

検索

最新のトラックバック

下北沢 本多劇場 「ザ・..
from 遊ぶろうぐ
伊豆高原1泊2日 10/..
from 遊ぶろうぐ
トルコ旅行 ② 食事
from 遊ぶろうぐ
主夫のお気にいり♪  /..
from 本当に幸せなの?
北海道旅行(利尻島・礼文..
from 忘れな草のフォト日記
七夕飾りで彩り、セールや..
from ローカルニュースの旅
「花と緑の利尻島・礼文島..
from 本当に幸せなの?
四国こんぴら歌舞伎大芝居..
from 本当に幸せなの?
浅草 ロシア料理「ラルース」
from 遊ぶろうぐ
映画「小さいおうち」観て..
from 本当に幸せなの?

ライフログ

外部リンク

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな