だるまさんが転んだ♪

カテゴリ:観劇。鑑賞。観戦( 99 )

劇団印象 <ヴィテブスクの空飛ぶ恋人たち>

b0207284_02262252.jpg
パンフレットより抜粋・・・

絵を描けない僕に何の意味がある?

シャガール絵画に秘められた愛と狂気。

青くて、金色で、ピンクで、カラフルなショールいっぱいの野生の花束。
それを手に、彼女は画家に微笑む。
違うわ、お馬鹿さん。今日は、あなたの誕生日!
そして二人は宙へと舞い上がる……

いまなお人々の心を惹きつけてやまない20世紀を代表する画家・シャガール。

その鮮やかで祝祭的な作品の裏には、容赦ない時代の奔流が渦巻いていた。
二つの世界大戦、ロシア革命と社会主義、
ナチズムとユダヤ人迫害。

これは激動の時代を駆け抜けた、画家・シャガールと最愛のミューズ・ベラとの物語。

シャガール役の村島智之さんと愛妻ベラ役の山村茉梨乃さんが、
椅子だけが置かれた狭い舞台を
縦横無尽に跳ね、踊り♪
全身から発するエネルギーで、ユダヤ人迫害や戦時下で
絵を描くことに苦悩する画家を
鮮明に描き出し、妻ベラへの愛と絵を描くことへの執着、
子供も生まれた貧しい現実生活の板ばさみの苦悩、、

あのシャガールの空を飛ぶ馬や恋人の絵と結びつかない現実に驚きましたが、
生活苦を訴えながらも愛に真摯にまっすぐ向かってくる愛妻ベラとの
昇華する愛、、、
b0207284_02384307.jpg
b0207284_02263909.jpg
最後の場面は、空を二人で飛んでいる絵を彷彿とさせました♪
b0207284_02383951.jpg
出演者は先のお二人の他に、小日向星一さんがいろいろな役で現れ
劇の進行役もさりげなく勤めていて、いい味を出していました。
いつもにも増して、何も無い舞台に小道具を効果的に使った演出に拍手!!
b0207284_11462721.jpg
b0207284_02392590.png
この劇団印象のいつものパターンは、主催の鈴木アツトさんが脚本を書き、演出なさるのですが、
この作品は、アツトさんが一昨年イギリス留学中にロンドンで実際に観劇したものを
帰国後に申請して自分で翻訳し、演出したものです。

田代晶子さんの生のバイオリン演奏がお芝居を格調高くしていましたし、
シャガールとベラが繰り返し歌うテーマ曲も二人の愛の賛歌のようでした。

ちょっとシャガールの絵の見方が変わったかも、、、

<ヴィテブスクの空飛ぶ恋人たち>
2018.4.18~4.22
下北沢 シアター711

4/21(土) 14:00 18:00(アフタートークあり)
4/22(日) 12:30 16:30

盛況につき、当日券があるかは、お問い合わせください。
090-6026-0356(10:00-19:00)

b0207284_02394222.jpg
b0207284_11463068.jpg



[PR]
by doremi730 | 2018-04-21 02:26 | 観劇。鑑賞。観戦 | Comments(4)

東京オペラシティにて

尻焼温泉の帰りに珍しく何処にも寄らず、
11時のチェックアウト後はまっすぐ家に直帰。

実は、その日の17:00に初台の東京オペラシティで
同級生の友人の息子さんも出演なさる合唱団コンサートに
友人達10人と行くことになっていたのです。
b0207284_01021047.jpg
清水敬一さんが指揮を振るわれる
<松原混声合唱団> の演奏会でした
b0207284_01014508.jpg
第1部 「海と人への讃歌」  川崎洋:作詞 新実徳英:作曲

ピアノの伴奏ではありましたが、伴奏というよりはコラボで、
時に力強く、時に繊細な合唱の声は、今まで聴いた事も無いものでした。
ただ綺麗にあわせて歌うなどという生ぬるいものではなく、
ちゃんと一人ひとりも主張している歌声に驚きました。
 
1.海への想いと大切な人への想いを、抒情的な旋律で
2.ゲーテの1節を引き、一続きの海のようだと6/8拍子の大きな流れで
3.子供と大人、自分と他人etcの哲学的な想いに耽る夏の海辺のワルツ
4.ハバネラのリズムに乗せて波を表現
5.あらゆる想いを受け入れる寛容な夕凪の海、、、

第2部 「大江山絵詞」  鈴木輝昭:作曲  観世流謡曲より

そう、あの大江山の鬼退治ですが、御伽草子や絵巻物はおどろおどろしいので
能で演じられる謡曲・観世流の台本を基にして作曲されたそう。
無伴奏で、声だけですが、力強いその迫力は凄いものでした。

1.秋風の音にたぐへて(能でいうシテの酒呑童子の登場)
2.既にこの夜も更け方の (童子が鬼に姿を変える)

第3部 混声6部合唱、尺八、打楽器、十七弦のための<変化嘆詠>
         三善晃:作曲 作詞:不詳

尺八:坂田梁山 小鼓:高橋明邦 太鼓:多田恵子 打楽器:斉藤綾乃

一休が立ち寄った山里での化け物退治がレクイエムに昇華している荘厳さでした。
和楽器と混声合唱とのコラボは、初体験です♪

三善曰く
「死してなお永遠に還ることのできないでいた変化達は、
一休の回向(慈悲)により”不在”へと解き放たれる。
"不在”こそ真なるものの在り方であるという不条理をあらわした」

第4部  二つの祈りの音楽 (ピアノ連弾) 松本望:作曲 宗左近:作詞
 
パリの無差別テロ、東日本や熊本の大地震に拠る災害などへの祈りを音楽に託して。

1.夜ノ祈リ
2.永遠の光

合唱というジャンルに押し込めたくない、素晴らしいコンサートでした♪





[PR]
by doremi730 | 2018-02-28 01:52 | 観劇。鑑賞。観戦 | Comments(4)

スカイツリーも祝福♪

友人が、浅草に住む友人から送られた写真を
転送してくれました。

普段はブルーのスカイツリーが<金メダル色>
b0207284_23005804.jpg
日本中がお祝いモードに包まれていますね。
b0207284_23005303.jpg
テレビの報道で何回も繰り返し観ても
その度に感動しています。

[PR]
by doremi730 | 2018-02-17 23:02 | 観劇。鑑賞。観戦 | Comments(6)

ワン!ツー!フィニッシュ!! おめでとう♥

フィギュアスケート シングル・フリーの放送に
朝10時~14時まで貼り付いていました。

右足の怪我でどうなるかと心配だった羽生結弦君が
第4グループの4番目で滑り始めたのが13時半過ぎ。

冷静な安定した滑りに魅了され、
途中会場の手拍子に合わせてみたりして応援!

素晴らしい演技が終わった後の、羽生君が右足を押さえてるのをみて
痛いのかしら?と心配しましたが、後のインタビューで
「頑張ってくれた右足に感謝していた」と聞いて、
ますます涙、、、
昨日との合計で<317.85>
66年ぶりの連覇も凄い!
ブラボー!!!
b0207284_15563884.jpg
次のフェルナンデスが<305.24>

最後が宇野昌麿君で、最初から落ち着いていて
安定した滑りに期待が高まります。
b0207284_15564418.jpg
フェルナンデスを抜いて、<306.90>
嬉しくて涙がでちゃいました(^^;

やった~!!! やった~~!!!
ワン!ツー!フィニッシュ!!
おめでとう!
b0207284_15564835.jpg



[PR]
by doremi730 | 2018-02-17 15:57 | 観劇。鑑賞。観戦 | Comments(6)

三宅裕司・伊東四朗の傘寿コントライブ始まる

私も去年の暮に、恩師の米寿祝いに奔走しましたが、
やっぱり同級生は似たような事をしてくれて嬉しいな♪
恩を少しでも返したい気持ちって素敵だと思います。

なにが?
2/1~新宿の高島屋タイムズスクエア南館7Fで始まりました!

80歳の伊東四朗さんと66歳の三宅裕司さん、
あわせて146歳という年を重ねた2人が、コントライブを開催。

2人は、1984年に番組で共演して以来、34年のお付き合いという間柄。
伊東さんの「傘寿記念ライブ」として、2人のコントが8年ぶりに復活します。

因みに、、皆さんご存知とは思いますが、
三宅裕司が座長の「熱海五郎一座」は
伊東の一つ向こうが熱海、四朗は五郎のお兄ちゃん
用するに、伊東四朗さんを目指して頑張っているという命名です
b0207284_00393378.jpg
衝撃的すぎるコントライブの初日を前に公開稽古を行った伊東さんは
(いよいよ明日から始まる心境は?との質問に)
「え~っと...あと10日くらい延ばしてほしい、そんな心境です」と。

伊東「80歳でコントやってる人はいないんじゃないかな?
  自分で『メモリアル』にしたいなって思って、、、」

三宅「80で『メモリアル』っていう言葉を使う人も、
  あまりいないですね、若い!!」
b0207284_00404838.jpg
友人達と8人で行くために、2/14のチケットを取ってあります。
楽しみ~!

13時開演に行くので、その前の11:00~の1時間半はランチの予定♪
タイムズスクエアの中の店を予約したので、
まあ、大丈夫だと思うけど、、、


2月もいろいろな同級生との会食が
2/5、/9、/10、/14、/16、/19 と、目白押し(^^;

2/4嫁さんと/18の息子の誕生日祝い
別に/10、/14、/25 が観賞
毎週火曜のプールと朗読、木曜の書道
4月の銀座書道展への製作も締め切りが2/26
2/15~確定申告も始まるし、
ボランティアNPOの年度末作業も2月後半始まる、、、

はやく風邪を完璧に治さなきゃ、、、
昨日も雪かきをまだ降ってる中でしたら、
鼻水と咳が戻ってしまった(@@)


[PR]
by doremi730 | 2018-02-03 00:54 | 観劇。鑑賞。観戦 | Comments(4)

川崎大師から新国立美術館へ

最近、写真はスマホで撮ってしまうことが多く、
するとPCに落とすのにちょっと手間がかかってしまう為、
バタバタしていると、ちょっと面倒になってしまって
blogの更新もサボりがちになってしまっていました。

日中は天気も良いので、孫達が暮からくる寝具の洗濯やら
大掃除を何日かに分けてして、ゴミも28日が最後なので大片付けし、
お節の買い物も特売が26-27だったので、
何度も自転車を飛ばして、9人分の大荷物を積んでヨタヨタ、、、、

なおかつ、毎日夕方からは着物で忘年会にでかけ、、、
ご心配をおかけして、申し訳ありませんでした。

25日の息子宅からの帰りは、川崎大師にお札をお返しに行き、
元旦の護摩焚きの御札を予約をしてきました。
ちょうど門松の準備をしている最中。
b0207284_00445980.jpg
参拝の方も殆どなく、参道の葛餅屋さんや飴屋さんもヒマそうでした。
元旦からのあのもの凄い混みようがウソのよう。。。
b0207284_00452594.jpg
今年の1/2には、息子達に無理を言って、朝の5時前に着く様に来たのを
懐かしく思い出しました。
あの時は、歩くこともままならず、、、、
本当にここまで治して頂いたことを改めて感謝し、お礼の参拝をしました。

その後、六本木の新国立美術館で、その日まででした
書道の先生が役員をなさっていらっしゃる「全書道展」へ。
コンデジを変えたら、まだ慣れていなくて、変な色です(^^;
b0207284_00482222.jpg
先生の書はこちら
b0207284_00530584.jpg
一番下の字が背丈よりも高いのです!!
こんな大きな字を何処でお書きになったのでしょうか?
来年のお稽古の時に伺ってみましょう♪

他の先生方のもじっくり拝見していましたら、
同じお教室のYさんとバッタリお会いしました。
彼女もお一人でいらしたので、ランチをご一緒することに。
b0207284_00593427.jpg
新国立美術館のレストランは、ポール・ボキューズさんのお店で
好きなので、一人でも必ず寄ります。
b0207284_01063670.jpg
美味しくいただいたのですが、お稽古の時にお会いしても
お話をする訳ではないので、ペチャクチャお喋りも花盛り。
川崎大師の葛餅を差し上げたら、ご実家のお庭の葉つき蜜柑を頂戴しました。

この日も、この後は湯島での忘年会に直行。
そちらでも、葛餅をお出しして、皆さん喜んでくださいました♪




[PR]
by doremi730 | 2017-12-29 01:04 | 観劇。鑑賞。観戦 | Comments(4)

仙台城址への「るーぷるバス」

今日の2回目投稿で、
仙台vol.3の記事は、仙台城址へのこと。
明日からアレコレ忙しく、先を急ぐので、続けざまにUPです。

次の温泉に行くための新幹線は14:24のやまびこ48号で
乗車時間から逆算してみると、、、
翌朝ホテルに荷物は9時に預けて早めにでて、駅の反対の西口から
観光シティループバス「るーぷる仙台」で25分

行く時は、普通の運転手さんでしたが、
バスの後部座席に輪の手すりがあり、
その下には暖房器具!!!
優しい心遣いですね~♪

循環バスなので、行きに下車した「仙台城址」のバス停から
帰りもまた乗りましたら、、、、、

仙台駅までの走行中、もう乗客が爆笑しっぱなしの
観光案内をしてくださる、とてもユニークな運転手さん♪
b0207284_00371584.jpg
歴史にも精通され、また東北大脇を走行時は
有名人の誰が〇年に東北大の何学部卒業とか、、、
いろいろな情報を勉強されていて、感心しながらも
落ちのあるお話が爆笑を誘います♪

地下鉄の駅の停留所の時は「地下鉄なら仙台駅まで7分です。
急がれる方はどうぞお降りください。バスはあと20分かかります。」

「東京から仙台は新幹線で1時間7分ですが、
このるーぷるバスは一周1時間10分」とおどけたり、
「仙台城は絶壁の上に建っていました。
左側をごらんください、絶壁です!」などと
受けるフレーズはわざと何度も何度も繰り返してみたり、、、

「この植物園あたりに熊がでたのは〇〇年〇月〇日、
カメラに7回映った後、入場料も払わずに無断で植物園に入りました!」

話術にもたけ、最後に話を落とす時は声もおとしたり、、、もう爆笑♪

そのバスに乗れただけでも行った甲斐がありました♪

仙台城址の写真も載せましょう。
<伊達政宗公 騎乗像>
b0207284_00484198.jpg
東北大震災で塔の上から崩れ落ちた大鷲を
下の方に復元したそうです。
b0207284_01014921.jpg
b0207284_01040234.jpg
瓢箪の形の厄除けの吊るしてあった護国神社
b0207284_01043124.jpg
青葉城公園を一周するには時間が足りなかったので
バスで仙台駅に楽しく戻りました。




More ランチ
[PR]
by doremi730 | 2017-12-20 19:03 | 観劇。鑑賞。観戦 | Comments(4)

劇団印象、スラブ料理レストランでリーディング

今回の仙台に行った一番の目的は、
応援している劇団印象が
12/15~17の3日間リーディングしたので観劇でした。

仙台のスラブ料理「カフェアリョンカ」で
来年4/16~22まで東京・下北沢で公演する劇
<ヴィテブスクの空飛ぶ恋人たち>を
役者さん二人でのリーディングでした。
b0207284_23534330.jpg
劇団印象の主催者であり、脚本・演出の鈴木アツトさんが
昨年、文化庁の在外研修でロンドンに留学していた時に
数多く観た劇の中でも感動したものだそうで、
自分で翻訳し、脚本にしたものの初披露だったのです。

画家のマルク・シャガールと妻のベラが主人公ですが、
すでに亡きベラは20代の頃だったり、思い出の中の
各年代だったり、、、
今はもう無いが出会った頃の故郷ヴィテスブルグを舞台に
シャガールの絵を彷彿としながら聴きました。
舞台を観ているような科白や歌で、素晴らしかったです。
自分の朗読の勉強にもなりました。

そして、終わった後には、劇中に登場したスラブ料理が
ランチとディナーそれぞれに出されました。

初めてそこでお会いした観客の12人の方やアツトさんと
劇のことや、観劇のきっかけのことなど話しながら
なかなか有意義なランチタイムでした。

私はランチだったので、
ボルシチ
ソバの実のカーシャ
フィッシュボールとザビカンカ
b0207284_23570426.jpg
ディナーには前菜3点盛りが付いたようです。

4/18からの舞台が楽しみ♪


[PR]
by doremi730 | 2017-12-20 15:51 | 観劇。鑑賞。観戦 | Comments(4)

明日はコンサートへ

いつもなら行ってきてから載せるのですが、
明日からスケジュールが詰まっていて、載せそこないそうなので、
前倒しです。
b0207284_21294337.jpg
毎年行っています N女の婦人国際平和自由連盟(WILPF)が年1回
主催する平和を祈念するコンサート

オペラ歌手をお一人招くのですが、毎年変わります。
今年は、菊池美奈さんと河野鉄平さんのお二人だそう。
お二人でのデュエットもあるとは珍しい!

一昨年からは、汐留の浜離宮朝日ホール14時開演になったので、
友人達と必ずランチしてから行きます。

明日は、汐留パークホテルのレストランを11:30に予約しました。

コンサート行く前もバタバタなので、家は8:30出発!

銀行→みどりの窓口で甲府往復の大人の休日倶楽部のチケット買う
→乗換えの新宿で、スーツケースをロッカーに預け
京王デパが開く時間までに行ってあるものと土産を買う
→大江戸線に10:45までに乗って、汐留に11:10着予定

コンサート後は、また急いで逆戻りし、新宿駅でロッカーの荷物を取り
「かいじ」に乗って、甲府の次男宅へ向かう
明後日は、SOのお琴の発表会です。
青森の長男嫁さんの実家から届いた林檎も届けたいので
荷物は重くなるため、1泊なのに車つきのスーツケースな訳(^^;
b0207284_22213982.jpg
段取りよくしないと、甲府で夕飯にありつけないぞ!
ま、どんどん体重増加してるから、1食くらい抜いた方がベターかな?



[PR]
by doremi730 | 2017-11-24 22:15 | 観劇。鑑賞。観戦 | Comments(8)

三宅裕司SET 第55回公演

同級の三宅裕司さんの劇団「SET(スーパー・エキセントリック・シアター)」の
第55回本公演 ミュージカル・アクション・コメディ
「カジノ・シティをぶっとばせ! ~丁半コマ揃いました」

10/13~10/29 サンシャイン劇場
b0207284_22351165.jpg
昨日観にいってきました。

国会でカジノ法案が可決されたのを受け、
カジノ誘致を巡る京都のとある町が舞台の誘致合戦。

三宅裕司は京都府知事の役、
小倉久寛は旧知の友で芸者置屋の旦那、
b0207284_22533646.jpg
ライバル都市やら誘致反対派やら、ある大きな組織の陰謀やら
あれこれ渦まいてドタバタコメディではありますが、
劇団員が今年初めから、日本舞踊の練習を重ねたそうで、
京都の文化として日舞や華道をプレゼンに取り入れ披露。
b0207284_22522068.jpg

(写真はSET・HPより拝借しました)

そして、、、お台場などの他候補に見事勝利したが、、、、

この続きは、是非舞台で!
10/29(日)まで
もう、笑いっぱなしでした。

その前日も歌舞伎座で夜の部を堪能し、
この日はサンシャインシティ59Fの店でランチ。
高速エレバーターは前に痛い目をみているので、途中何回も止まりながら行きました。
終わってからは、今度の日曜に幹事をやる会の用事をアレコレ済ませたのですが、
帰りがけにすでに頭痛が酷くなり、、、帰宅後 バタンキュー!

今日一日も頭痛に悩まされて、殆ど起きれず
明日からはまたいろいろ忙しいので、寝て曜日でした。
これから書道の練習しなきゃ。。。


[PR]
by doremi730 | 2017-10-25 22:59 | 観劇。鑑賞。観戦 | Comments(4)

小さい頃好きだったあの遊びの緊張感と煌きをいつまでも忘れない
by doremi730
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

arakさま、ありがとう..
by doremi730 at 23:52
水漬パスタ、面白いアイデ..
by umi_bari at 19:09
yasukonさま、あり..
by doremi730 at 11:56
shownan-rose..
by doremi730 at 11:53
おはようございます。 ..
by yasukon20 at 06:58
doremiさん、おはよ..
by shownan-rose at 06:29
arakさま、ありがとう..
by doremi730 at 21:57
結構時間がかかりますが、..
by umi_bari at 21:44
tamataroさま、あ..
by doremi730 at 21:01
お早うございます 良い..
by tamataro1111 at 06:24
saheiziさま、あり..
by doremi730 at 03:43
arakさま、ありがとう..
by doremi730 at 03:42
飛ぶ魚、まだ元気なんですね。
by saheizi-inokori at 22:22
cialis venta..
by Ikdrgeviawn at 21:51
スープカレーと言っても、..
by umi_bari at 13:21

検索

最新のトラックバック

下北沢 本多劇場 「ザ・..
from 遊ぶろうぐ
伊豆高原1泊2日 10/..
from 遊ぶろうぐ
トルコ旅行 ② 食事
from 遊ぶろうぐ
主夫のお気にいり♪  /..
from 本当に幸せなの?
北海道旅行(利尻島・礼文..
from 忘れな草のフォト日記
七夕飾りで彩り、セールや..
from ローカルニュースの旅
「花と緑の利尻島・礼文島..
from 本当に幸せなの?
四国こんぴら歌舞伎大芝居..
from 本当に幸せなの?
浅草 ロシア料理「ラルース」
from 遊ぶろうぐ
映画「小さいおうち」観て..
from 本当に幸せなの?

ライフログ

外部リンク

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな