人気ブログランキング |

だるまさんが転んだ♪

カテゴリ:海外旅行( 90 )

済州島グルメで おいしい~♪ 5連発 

お待たせしました~! 食べ物編です(^^)v

3日間、計画していた<おいしいもの>全部クリアしてきたので
帰りにウェストが確実にきつくなってました、、、(^^;

初日の夕飯は、LOTTEホテル内の「韓国料理」
サムゲタン、大好き! 
新大久保で食べるよりも薄味でしたが、鮑もたっぷり入っていてスープが美味♪
b0207284_1212542.jpg

ステーキはカットしてあり、柔らかいお肉でした。
b0207284_12333135.jpg


翌朝の朝食は、やはりホテル内の日本料理やで<鮑粥
JEJUは鮑の名産地で、多数の海女さん達が潜って、鮑を採っています。
市場でも沢山売っていましたし、翌朝のバイキングでも鮑粥は食べられました。

でも、やはりこの店のは、上品でいてしっかり鮑の味と香りが活きている
絶品の鮑粥でした。
b0207284_12205637.jpg

デザートや飲み物はセルフで
b0207284_12255058.jpg


日本語タクシー運転手イさんが「安くて美味しい!」とお薦めの
 <海鮮チゲ>の店
 城山日出峰のすぐ近くにあり、外に魚の水槽がある店です。
   (店の名はハングル文字で読めず。。)
b0207284_1253397.jpg

b0207284_12552071.jpg
 
本当に安くて、激ウマ!! (ビールも2本飲んで、二人分でたったの30000W(¥2100)

8時間貸切観光タクシーを頼むと、運転手さんの昼食代はこちら持ちです。
  
しかし、60代後半?のイさんは、鯖焼きを差し入れしてくださった上に
別の席で召し上がって、料金も自分で払っていらしたので、
韓国ではチップの習慣はないのですが、↓のキジ料理店まで乗せて行っていただき
最後にお礼の気持ち分プラスして、お昼代ですとお渡ししましたら、
店からホテルまでのタクシー代をレジにそっと預けてありました。
なんてスマートなんでしょう。大感激でした。

④キジしゃぶ&キジ料理 西帰浦「牛歩苑」

旅行ガイドにもでている店です。

中文リゾート宿泊の旅行者は、夜はホテルで食べるようで昼が混むらしい。
夜食べたかったのですが、18時閉店なので、16:30で日本から予約を入れておきました。
b0207284_12591112.jpg

キジ冷麺とキジチヂミ
b0207284_13101867.jpg

早い夕飯でしたので、ホテルに帰って20時半からは、名物の火山ショーを見ながら、ワインタイム

サブマリンで50分時間がずれてしまったため、
 新済州市への到着が14:30 遅い昼食になりました。

ホテルで頼んだ3日目の日本語タクシーの運転手さんに
海鮮の刺身が食べられる店>をリクエスト!
 
(本当は「海女フェチプ」という本に載っていたところと思ったのですが、
前日、運転手さんお薦めのお店が良かったので、柳の下のドジョウ狙いで)
b0207284_14112524.jpg
 
この日の運転手さんは、日本語は挨拶程度で、話しかけてもあまり返事もなく
説明等はなし。 人によって随分違いますね。。。

こちらでの食事も、どうぞと言わなくても、座敷に先に上がって(JEJUではそれが普通?)
同席でいただきました、
もっとも、MENUみても韓国語がわからないので、、、、
お料理の注文やお酒の追加は助かりましたけどね♪

この他にも、チゲや芋の天麩羅、焼き魚、残った刺身をしゃぶしゃぶする鍋、お寿司 が出ました。
大量のお料理&ビール1本とマッコリを頼みましたが、3人分で110000W(¥7700)は安い!
でも、、、ランチとしてはちょっと予算狂いでした(><)

おなかもイッパイになったので、この後はホテルに送ってもらい終了。

市場へはまた別の流しのタクシーで出かけ、
この日の夕飯はコンビニでツマミとワインを買って安上がりに。。。

さて、最後の日の黒豚の焼肉店のサムギョプサルですが、、、
ごらん下さっている皆様も、ちょっとお腹イッパイになって
もう後にして、、、、

だと思いますので、また観光の記事を挟んで、別だしにしようかと思います(^^;

長々と3日分の食事メモを 
最後までご覧いただき、ありがとうございました。  

More 朝食バイキング
by doremi730 | 2012-08-25 11:48 | 海外旅行 | Comments(8)

薬泉寺 ~JEJU~ & サブマリン

日本語タクシーの運転手さんがとってもいい方で、
入場料もパーキング代もいらないけれど、
観光客がいない とってもいいところがあるよ。
行ってみる?

は~い! お任せしま~す♪

<薬泉寺>

新しい観光名所として、脚光を浴びだしているようですが、
お参りの方達だけで、ラッキーでした。

朝鮮時代初期の仏教建築様式で建てられた大寂光殿は
地上30mに及び、単一寺院としては世界一を誇るそう.。

雄壮なその姿を前にすれば、全ての煩悩が消えるんですって。
b0207284_7184559.jpg

日本のお寺は拝むのにお金いるんでしょ?(お賽銭のこと)

JEJUの仏様は、お金はらわなくてもお願い聞いてくれる。
(ん?ちょっと違う気もするけれど、まぁ いっか)


↓は、時を知らせる<太鼓>
近くに鐘も下がっている鐘楼もあり、両方鳴らすそうです・
b0207284_7191940.jpg

日本のお寺に象の置物はないので、タイやインドっぽく感じました。
b0207284_7192452.jpg

法堂の正面には、国内最大の高さ5mの主仏・ビロザナブルが
4mの台座の上に安置されおり、左右の壁には巨大な幀画が陽刻され、
造成中である1,080,000体の小さな願仏が壮観を成している。

仏像の写真も撮影OK!
b0207284_720216.jpg
b0207284_8122144.jpg


b0207284_7201624.jpg

↓金浦空港の飾り太鼓
b0207284_726549.jpg


More  サブマリン
by doremi730 | 2012-08-24 12:45 | 海外旅行 | Comments(2)

ソプチコジ & 城山日出峰 & 柱状節理帯

空港に近い済州市と反対側の南にある中文リゾート

道路は島を一周しているのですが、
バスはこの二つの街を結んで、東廻りと西廻りがあります。

30分ごとにでているので、プランニングの段階では
3日目はバスで気ままに、、、と思っていましたが、
バス停の場所を聞くにも、目的地の場所を聞くにも
英語も通じないし、標識もハングルなので、
やっぱりタクシーにして大正解でしたね。

日本語OKタクシーは、7時間で130000ウォン

韓国のウォンは桁が多いので、ビックリしてしまいますが、
10000ウォンが 約¥700!!!

なので、一日あちらこちら連れて行ってもらって、名所の説明も聞けて
ガソリン代込みで¥9000 二人で割れば@¥4500
入場料や駐車場代、運転手のランチはこちら持ちです。
それらにざっと30000W(¥2100)くらいかかりましたが、
合計@¥5500くらいですから、そんなに高くないですよね(^^)V

現地ツアーに申し込むと、一人¥14500 
ただし、入場券やランチも含まれていますが、、、、

団体行動なので、時間に縛られ、行きたくないところも入るツアーより
JEJUにいったら、日本語タクシーがお薦めです♪
ランチも美味しい店に連れて行ってもらえたしネ!

①ソプチコジ
b0207284_5442142.jpg

韓国ドラマ「オールイン」のロケの為にたてられた教会のセット
中に入ることはできません。

ドラマをみていない私にはあまり感激はないのですが、
この教会をバックに記念撮影してる日本女性が沢山いました。
どうせなら結婚式とかもできるようにしたらいいのにね。
b0207284_547813.jpg

私にはこちらの方が興味あります。
な~に? この四角く溶岩を積んだものは。。。?
b0207284_553479.jpg

済州島は蒙古軍などの敵が襲ってきた時に、一番最初に被害にあってきました。
ここで敵の船を見つけた時に、この石の上で昼間は狼煙をあげ、夜は火を焚いて
敵の襲来を村民に知らせ、逃げ隠れしたそうです。

島内に何箇所もこの石積台があるそう。

②城山日出峰(ソンサンイルチュルボン)

約5000年前の水性火山噴火によってできた凝灰丘で、
高さ182m、3万坪余りの火口は水性火山の代表的なモデルとして研究されている。
日の出が美しく荘厳だそう。
ユネスコ世界自然遺産に登録されたほか、世界地質公園にも認定されている。

↓日の出の時間が一年分刻まれている。
(運転手さんが今日の時間を指差しています)
b0207284_66190.jpg

ソプチコジからみえた城山日出峰
b0207284_6707.jpg

馬で登る人も、、、
徒歩だと往復で100分かかる。
この日は滅茶苦茶いい天気で暑すぎたので、途中で戻りました(^^;

日の出見にきたいですね。
b0207284_691959.jpg

向こうに見えるのは、牛島だそう。
右が頭で、牛が寝そべっているように 見えますか?
b0207284_6101482.jpg

海女さんが海にもぐって捕ってきたタコなどを買えるようです。
なんと90歳すぎてる海女さんもいらっしゃるそうで、
この島の女性はとても働きもの!
男性は何もしないし、一夫多妻で女性が稼ぐのだそう。。。
b0207284_6112377.jpg



③柱状節理帯

高温の溶岩が冷えて固まる時に、規則的な形でひび割れた岩。

柱状、たる状、タイル型などいろいろありますが、
最初の3大瀑布の天帝淵でも見られました。
b0207284_6123675.jpg


こちらは、海の傍の切り立った崖で、運転手さんいわく
<済州の東尋坊>

えっ!自殺する人が多いの?

いや~、、自殺なんて誰もしないよ(^^;
b0207284_6125498.jpg

整然と並んだ断崖が、波しぶきに洗われる様は
雄大でもあり、厳かでもありますね。
by doremi730 | 2012-08-23 04:38 | 海外旅行 | Comments(8)

万丈窟(マンジャングル)と ウェドルゲ

①万丈窟(マンジャングル)は、島内に120以上ある溶岩洞窟の最大級!

ユネスコの世界自然遺産に登録されている。

溶岩が地下を流れた後が、巨大なトンネルのようです。
日本の風穴のジャンボバージョンといった感じで、天然のクーラー
b0207284_5404465.jpg

中は多少の照明はあるものの、溶岩のゴツゴツで歩きづらく
下ばかりむいて往復1時間歩いていました(^^;

暗すぎて写真もうまく撮れてません。
b0207284_5411781.jpg

一番奥はブルーでライトアップされてました。
b0207284_5414215.jpg

また30分歩いて戻って、地上へでるところ。
b0207284_54587.jpg
モアーーッと一気に暑い世界へでたら、カメラはキンキンに冷え、
レンズが曇ってしまって暫く何も撮れませんでした(^^;


②ウェドルゲ

西帰浦の海にヌッと突き出た高さ20mの岩と横たわった岩

ガイドさんの説明では、漁に出たおじいさんが嵐にあって帰らず
おばあさんが沖を毎日眺めていたら、岩になった。
(地元では、おばあさん岩と呼ばれている)

おじいさんは嵐で死んで、おばあさんのモトに漂着した。
水をイッパイ飲んでいるので、おなかが膨れている。

なるほど、そう見えます!
b0207284_5513035.jpg

高麗王朝が蒙古の侵略にあった時代、一番最初に攻めてこられた島だったので、
敵の襲来をみている「将軍岩」とも呼ばれるらしい。

<宮廷女官チャングムの誓い>のロケ地らしい。
韓国ドラマ好きなかた、そうですか?


済州オルレと呼ばれるハイキングコースが16あって、
スタンプラリーをしながら、島を一周することが出来る。

牛沼端~西帰浦市内~ウェドルゲのコースは人気だそう。
その時に食べる栄養補給ビスケットの看板
b0207284_5581085.jpg
済州オルレと呼ばれるハイキングコースが16あって、
スタンプラリーをしながら、島を一周することが出来る。

牛沼端~西帰浦市内~ウェドルゲのコースは人気だそう。
その時に食べる栄養補給ビスケットの看板済州オルレと呼ばれるハイキングコースが16あって、
スタンプラリーをしながら、島を一周することが出来る。

牛沼端~西帰浦市内~ウェドルゲのコースは人気だそう。
その時に食べる栄養補給ビスケットの看板済州オルレと呼ばれるハイキングコースが16あって、
スタンプラリーをしながら、島を一周することが出来る。

牛沼端~西帰浦市内~ウェドルゲのコースは人気だそう。
その時に食べる栄養補給ビスケットの看板
島の主な農産物は「みかん」や「キウィ」「パイナップル」など南国の果物
b0207284_612553.jpg


by doremi730 | 2012-08-21 01:08 | 海外旅行 | Comments(12)

済州島(JEJU) 3大瀑布

ただいま~!
韓国の済州島(JEJU)に自然を堪能しに行っていました。

韓流ドラマにまったく興味ないので、撮影場所もあったらしいですが
ツアーだと行きたくないところもあるので、
観光本(わがまま歩き)を参考に、自分でプランニング。

日本語ができる運転手さんのタクシーを2日間予約して
従姉妹と二人の気まま旅です。

といっても、やりたかった事がALL OKではなく、、、
アウトドア派の私は、ダイビングや乗馬、気球も入れたかったのですが、
高所恐怖症&ノンアウトドアの彼女にすべて却下されました、、、(^^;

ゴルフが有名なJEJUですが、あいにく二人ともしないのです。

同じ時期にソウルは大雨だったらしいですが、
JEJUは4日間ともピーカンでした(^^)V・・・晴れ女ダモン!


一番驚いたのは、観光地の表示ですら、ハングル文字表記だけで
日本語はもちろん、英語表記もない。。。

日本では、中国語や韓国語表記を英語と並べて書いているところも
結構増えてきているのにね。

実は、3日目は路線バスで廻ろうと思っていたのですが、
観光客は中国人が8割、日本人は極小数。。。
一流ホテルなら日本語が通じますが、でも込みいった話になると難しい。

現地の方も若い方は少なく、80~95歳でも元気に働いているおばあちゃんが多い。
それこそ、韓国語オンリーなので、片言英語じゃ、まったくお手上げと分かり、
急遽ホテルで日本語タクシーをもう一日頼んでもらいました。

さて、一日づつ順を追うより4日間を通していくつかのパートに分けての
旅行記にしようかな、、

まずは<滝>  好きなので、3大瀑布は全部制覇です♪

①神秘の天帝淵(チョンジェヨン)
沈降・隆起現象と溶岩によって形成されたU字型の渓谷。
b0207284_13265160.jpg

↑の滝の一番上のfallingdownのところ
b0207284_13285087.jpg

一番奥の渓谷はエメラルドグリーンの水が柱状岩や深い緑の木々に囲まれ、
朝早かったせいか靄も水面に立ち込めていて、とても神秘的でした。
b0207284_13573526.jpg
b0207284_1494089.jpg



②正房瀑布(チョンバンポッポ)
高さ23m、巾8mの滝が海に向かって落ちています。
b0207284_13434960.jpg

すぐそばまで岩を伝って行けて、海面に足をつけてみると
冷た~~い!
b0207284_13443240.jpg


③天地淵瀑布(チョンジョンポッポ)
高さ22m、巾12mの滝。
b0207284_13545731.jpg


駐車場から流れ沿いに木陰の細道を結構歩く。
脇の岩の隙間には小さな沢カニが出入りしているのが楽しめる。
b0207284_13555765.jpg

みんな滝のすぐそばまで行って、記念撮影していて凄く混雑してました。
夜はライトアップもあるらしい。

b0207284_13561899.jpg

by doremi730 | 2012-08-20 13:56 | 海外旅行 | Comments(10)

アプサラ・ダンス

9世紀頃に生まれた宮廷舞踊がアプサラ・ダンス。

アプサラとは天女のことでこの踊りが神への祈りとして捧げられた。

クメール文化の真髄と言われ、壁画の中にも沢山登場する。
b0207284_21252190.jpg


b0207284_21255073.jpg

ラーマーヤナが題材のぶ男が美女に求婚する踊りや、若い男女が踊る耕作や漁の踊り
b0207284_21265783.jpg


ポル・ポト政権時代は多くの踊り子が処刑されたそうだが、
難を逃れた少数の舞踏家によって復活!
現在は養成も進んで、ホテルやレストランで食事をしながらのアトラクションとして
観光の目玉となっている。

More 東洋のモナリザ
by doremi730 | 2012-05-15 22:26 | 海外旅行 | Comments(0)

アンコール・トム

アンコール・トムは、広大な敷地の中に、
11世紀半ばにジャヤヴァルマン7世が建立したヒンドゥ教寺院が多数と
仏教寺院も点在していて、歩いて見て廻れます。

7世の時代はクメール文化が花開いた時で、彫刻も美しい♪

象に乗って長い参道を行くのもしたかったのですが、人気で予約が必要でした(^^;
b0207284_11373475.jpg

b0207284_1138577.jpg

ジャングルに覆われていたので、木の根が入り口を補強しているように見えますが、、、、
実際は破壊しているのです
b0207284_1139074.jpg

b0207284_11395749.jpg

ヒンドゥ教の3大主神で中心はシヴァ神。 創造と破壊の神です。
(壁面のレリーフにも多数登場し、下の顔だけの大きな彫刻もシヴァ神)

宇宙の維持や救済の神はヴィシヌス神。 手が4本あります。
10の化身を持ち、仏陀もそのひとつといわれている。
b0207284_1072182.jpg
ブラフマー神は宇宙の根本原理の擬人化なので、壁画のなかに登場し、単独ではあまりないそう。

建物が3つづつあるのは、これらの3大主神をそれぞれ祀っているためです。
b0207284_1140224.jpg

ラーマーヤナの物語やシャムとの戦争の様子が壁面イッパイに彫られています。
b0207284_11404776.jpg

b0207284_1141197.jpg

ライ王の像
獅子王のイミかと思っていたら、ライ病を患っていて、ここで療養していたのだそう。
像にも指が欠けています
b0207284_11434019.jpg

左がお王さまの沐浴場で、池のようです。右は奥様達のお風呂・・・現地ガイドの説明
(アレ?日本で買った本では、、逆。。)
両方とも庭に池のようにあります。おおらかですね~♪
b0207284_11433839.jpg

b0207284_11503046.jpg

b0207284_1154291.jpg


by doremi730 | 2012-05-12 09:31 | 海外旅行 | Comments(8)

アンコール・ワット

9~15世紀の約600年間、カンボジアを支配した王朝の夢の跡。。。

国王は神の化身であり、みずからの権力を示すために、次々と巨大寺院を建てた。

2世はヒンドゥ教だったので仏教を排除し、貴重な彫刻などを破壊したが、
7世は大乗仏教だが、ヒンドゥ教も土着の宗教も寛大に受け入れ
独自の宗教=国王の宇宙感から、クメール文化が花開き栄えた。

しかし、盛者必衰の理にたがわず、15世紀にアユタヤ王朝によって陥落。
忘れ去られ、ジャングルに覆われて、長い間寺院も眠っていた。

1860年、フランス人博物学者のアンリ・ムオーによって
密林に埋もれていた石造遺跡群が発見される。

1992年には世界遺産に登録。
現在、フランスをはじめとして、世界各国がカンボジア政府に協力し
遺跡群の修復に取り組んでいる。


12世紀前半、アンコール王朝の国王スールヤヴァルマン2世が
30年を費やして建造。
クメール建築の最高傑作といわれる<Angkor Wat>
b0207284_5453625.jpg

巨大な石積み伽藍はヴィシュヌ神を祀る、ヒンドゥ教寺院で
かつ王の墓でもあります。

大半の遺跡は東を向いていますが、ここは西を向いています。
ガイドさんの説明では、西方浄土の方向を向いているとか。

周囲1500mの回廊が3重に囲んだ その中央に本殿が建ち、
回廊には女神や王侯貴族、伝説などが砂岩という柔らかい石に
精緻に浮き彫りされています。

第一回廊 壁画
b0207284_5541024.jpg

第二回廊
b0207284_5574027.jpg

b0207284_5582386.jpg

b0207284_5582889.jpg

b0207284_605578.jpg


b0207284_694865.jpg
第三回廊は2010年まで修復していて入れなかったそうなので、ラッキー!

しかし、、、、、
ものすごく急な傾斜でかつ狭い巾の階段を上らなくてはならない。
まるで訪れる者を拒んでいるかのように聳え立つ。。。
b0207284_66475.jpg

勇気を出して、その急階段を昇ると、ジャングルと遺跡群が見渡せる
b0207284_6125442.jpg

b0207284_6115561.jpg

b0207284_6152133.jpg

第二回廊に戻り、真ん中の十字路で来た方とは違う方向へ。
外へ出ると
b0207284_6362755.jpg

欄干は蛇が多いですが、ライオンのところはライオンテラスといわれているそう
これは蛇
b0207284_639727.jpg

by doremi730 | 2012-05-10 05:40 | 海外旅行 | Comments(6)

シュム・リアップ ソカー・アンコール・ホテル

ただ、アンコールワットに行きたい!というだけで、
事前にサラッとしかインターネットで情報をチェックしてませんでした。

それによる人気の観光地やサンライズなどが網羅された現地ツアーを
日本の旅行社で手配してもらいましたが、
事前にちゃんとガイドブックで勉強しておけばヨカッタ!
と思う行き先がありました。。。

でも、結構遠方なので、もう一日必要だったかも。

あまりに直前で旅行社企画の安いツアーは完売!
飛行機は前述したとおりの具合で単発予約。

空港とホテルの送迎も、ツアーならセット料金でしょうが
単発にお願いすると、一人¥7500 二人で¥15000!!

ちょっとビックリするお値段ですが、英語も通じない地域では
タクシーは安くてもちゃんと着くまで心配だし(^^;

お迎えの車に乗ってみれば、10分もかからないで
ホテルに到着したので、拍子抜けでした(><)

宿泊ホテルは、憧れの5ツ☆<Sokha・Angkor>
b0207284_1255561.jpg

子どもたちが水遊び♪
b0207284_12553146.jpg

b0207284_12564076.jpg

涼しげな音色が静かに響きます
b0207284_12572482.jpg


 
by doremi730 | 2012-05-09 12:54 | 海外旅行 | Comments(0)

アンコール・ワットのサンライズ

ゴールデンウィーク後半はカンボジアのアンコール遺跡探訪の旅でした。

今回もまたまた18日前に急にきめたので、
連休前にビザを取るのがギリギリ(^^;;;

成田から約6時間ですが、途中で乗り継ぎがあるため結構時間がかかります。

行きはバンコクで3時間、帰りは急だったので飛行機に空きがなく
ホーチミンで9時間も待ちになってしまった為、
ホーチミン市内のホテルに部屋をリザーブして市内を散策。
ちょっと嬉しいオマケでした。

さて、ゴールデンウィーク明けで仕事もたまっているので、
レポートが遅れがちになると思います。

とりあえず、感動だった「アンコール・ワットの日の出」を。

朝4:50にホテルのロビーに現地ガイドさんがお迎えにきてくださって、
街灯もなくまっ暗な闇の中を、バスは走っていきました。

途中で止まったと思ったら、女性がバスに乗り込んできて、
遺跡パスポートのチェック
これがないと、観光客は遺跡に入ることができないんです。
顔写真つきで3日間有効で、40us弗

さて、到着したときは、ガイドさんに足元を懐中電灯で照らしてもらわないと
階段を昇るのも怖いくらいの暗闇でしたが、
ビューポイントにつくころにはうっすらと明け始めました。

朝早いのが苦手な友人は、やはり起きれなかったので
前日も同じツアーで、なんとホテルも同じだった、一人旅の
若くてチャーミングなOさんと一緒に行動。

まずは、池に映るショットを撮りに。
b0207284_5125139.jpg

周りの空もピンクに染まって
b0207284_5142337.jpg


3/21と9/21はアンコールワットの建物(真ん中)から陽が昇り
7/21(夏至頃)は左端で4:30頃、12/21(冬至頃)は右端で7:00頃昇るそう。

今は6時少し前に、左よりの木のあたりから昇るので、
ずっとさがった集合場所に近いところがビューポイント。
池だと見れないよとガイドさんから聞いたので、戻った場所でスタンバイ。
b0207284_5243463.jpg

光源がぼけてしまうので、調整して何枚か撮ってみました。
本当はもっと明るいのですが、、、、
b0207284_526545.jpg
b0207284_5281713.jpg


by doremi730 | 2012-05-07 04:45 | 海外旅行 | Comments(8)

小さい頃好きだったあの遊びの緊張感と煌きをいつまでも忘れない
by doremi730
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新のコメント

mackworldさま、..
by doremi730 at 22:32
■こういう淡い色調での油..
by mackworld at 11:39
yasukonさま、あり..
by doremi730 at 00:44
モンスーンさま、ありがと..
by doremi730 at 00:41
おはようございます。 ..
by yasukon20 at 06:49
こんばんは^^ こ..
by 2005-1127 at 17:50
mikkoさま、ありがと..
by doremi730 at 18:34
美術館の建物も素敵ですね..
by mituamikko109 at 13:03
tihiroさま、ありが..
by doremi730 at 12:06
こんにちは。早速ありがと..
by tihiro58 at 11:54
arakさま、ありがとう..
by doremi730 at 08:40
建物からして記念物ですね..
by umi_bari at 07:56
arakさま、ありがとう..
by doremi730 at 23:36
saheiziさま、あり..
by doremi730 at 23:35
tihiro58サマ、あ..
by doremi730 at 23:33

検索

最新のトラックバック

下北沢 本多劇場 「ザ・..
from 遊ぶろうぐ
伊豆高原1泊2日 10/..
from 遊ぶろうぐ
トルコ旅行 ② 食事
from 遊ぶろうぐ
主夫のお気にいり♪  /..
from 本当に幸せなの?
北海道旅行(利尻島・礼文..
from 忘れな草のフォト日記
七夕飾りで彩り、セールや..
from ローカルニュースの旅
「花と緑の利尻島・礼文島..
from 本当に幸せなの?
四国こんぴら歌舞伎大芝居..
from 本当に幸せなの?
浅草 ロシア料理「ラルース」
from 遊ぶろうぐ
映画「小さいおうち」観て..
from 本当に幸せなの?

ライフログ

外部リンク

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな