人気ブログランキング |

だるまさんが転んだ♪

エストニアの首都タリン(世界遺産)探訪 ~Finレポ④~

バルト3国の中で、最も北に位置するエストニア。
その首都タリンは、フィンランド湾を挟んでヘルシンキと向かい合っています。
高速艇で2時間なので、訪ねてみようと思い、日本にいるうちに
往復の手配をしておきました。

世界遺産に登録されている<タリン>は、フィンランドとはまた違った古都を楽しめ、
日本人はビサも不要なので、気軽に行けます。
b0207284_4324441.jpg

どうせならタリンでゆっくりしたいからと、朝8時の出航、
19時にタリンを出てヘルシンキ21時着で予定を組みました。

朝ご飯の準備がまだ不完全な6:15から、出かける準備万端の恰好で朝食を頂き、
6:40にはホテル前からタクシーで、リンダラインが出航するマカシーニ・ターミナルへ。

3社が運行していて、出航・帰航する港も、タリン側の発着の港も異なっていて、
場所が結構離れているので、気をつけないと乗船遅れになります。
b0207284_4374265.jpg
前の席には可愛いワンちゃんが、2時間おとなしく乗っていました♪
b0207284_439356.jpg
実は、この日、チョー金欠だったのです。
前日exchangeが休みだったので、レイトが高くてもホテルで換金してもらおうと思ったら、
中級ホテルだったので、出来ないといわれ、ガイドブックにフェリー乗り場でもできるとかいてあったので、
朝のタクシー代さえあれば何とかなる!と、タカを括っていました。

私のもっていた€20からタクシー代€12を引いた€8と日本円1万が、タリン入国時の所持金。
(ナント!友人はお財布を前日のジャケットのポケットにいれたままで、
ホテルに忘れてきました)

ところが、リンダラインは他の船会社から比べると亜流だったらしく、どちら側の港でも
exchangeがないのです!
街まで歩いていこうとしたら、下船客を狙って沢山並んでいたタクシーの運転手さんが、
「クレジットカードでOK!」と声をかけてきたのです。
「ウォーキング!」というと、「3kmあって、歩くのは無理」というのです。

私は、自宅から最寄駅までが3km以上あるので、よく歩いている距離です。
「40分もあれば歩けるよ!」と言ったのですが、友人は不安がって
「方向もわからないし、観光協会までクレジットカードで行こうよ」

走り出して、少ししたら大きな港にきたので、私は
「あ、exchabgeかツーリストインフォメーションまでと言ったから、
一番近いタリン港のexchangeに連れて来てくれたのかしら?」と思ったら、
ぐるっと回って通り過ぎてしまったのです。
???
「ま、観光協会でもいいか、、、3kmならすぐだし」
ところが、やたら距離があるので、不安になってきました。
メーターの数字もどんどん上がり、結局€25(¥3900)で下ろされたところは
港から一番遠い、街外れの丘の上!!

観光協会まで車で入っていけないから、そこから歩けと言うのです。
後で観光協会について解りましたが、観光協会の前は車が往来している
広い道でしたから、明らかに一番遠いところまで行って、料金を稼いだのは歴然!

親切と思ったら、しっかりボラレテしまいました。
最初からクレジットカードと言ったのが、悪かったかも、、

ま、めげていても仕方ないので、とりあえず通行人に聞きながら観光協会めざして歩きました。
b0207284_505985.jpg

ラエコヤ広場にでました。ここは街の中心だから、観光協会はこの近くの筈。
b0207284_513850.jpg
観光協会でexchangeを訪ねると、「SEB」という銀行に行くように言われ、地図に印しをつけてくれました。
もう安心! 地図をみながら、快晴の天気のなかを写真撮りながら闊歩♪
b0207284_563652.jpg

b0207284_584357.jpg
台に上り、マイクでいきなり演説を始めた男性。
ロシアの統治が長かった国なので、ロシア語のようでしたが、なにを言っていたのでしょう。
ひとしきり大声で強い口調で話すと、さっさと降りて行ってしまいました(^^;;
b0207284_59469.jpg
ところが、大きなビルの「SEB」やっと銀行に辿り着いて、電光掲示板をみると、¥のレイトが無いのです!!
受付番号を引いて待っている間も不安。。。
予想は当たり、「日本円の換金は出来ない」
「うそーーー!!
歩くのはいいとして、昼もクレジットカードで食べればいい、
帰りの高速艇チケットも大丈夫、、でも二人で€8では不安だし、、、」
食い下がって、どこかで日本円を換金できないか?と必死で尋ねました。

その窓口嬢はとても良い方で、暫く考えて住所をメモッてくれました。
でも、それでは私にはどこか解りません。
観光協会でもらった地図を見せて、しるしを付けていただきました。

タリンはそんなに大きな街ではないので、地図に通り名が書かれていて、
実際の通りや家の住居表示のようなプレートにも通り名が入っているので、
地図さえあればとても歩きやすい街でした。

この<3人兄弟>という塔の傍にあった、ちょっと怪しげな店で、やっと換金してもらえました。
レイトはとても高かったですけどね。。。(^^;
b0207284_5205684.jpg

さあ、懐が暖かくなったので、一安心で観光とまいりましょう。

まず目指すは、街で一番高い塔に登ってみましょう。
伝説の巨人が作ったといわれている<聖オレフ教会>をめざしました。
b0207284_5235453.jpg

b0207284_5243174.jpg
小さなドアをかがんでくぐり、凄く狭い螺旋階段を1本のロープだけを頼りに、行く方も下る方も大渋滞の中、
何百段も昇りました。
b0207284_5245311.jpg
やっと、でた展望台。
それはそれは、素晴らしい景色が待っていました♪
b0207284_5291012.jpg

b0207284_5294454.jpg

そして、これまた、狭い回廊は大渋滞
b0207284_53245100.jpg

お昼はmoreで。
b0207284_5412083.jpg

b0207284_5404357.jpg

城壁沿いに歩いて行き、聖ミカエル修道院へ。
中へ入ることはできませんでした。
b0207284_5414775.jpg

立派な寺院がみえてきました。
ロシア正教の<アレクサンドルネフスキー聖堂>です。
b0207284_5483011.jpg

戒律も厳しそうで、何人もの黒衣の方(坊さんとはいわないですね、牧師の下の方はなんと呼ぶの?)が
教会内の観光客を監視していらして、帽子を取らせたり、短いスカートは外へ出したり、
厳かな雰囲気の中で、蝋燭に灯をともして捧げお祈りしている方がたくさんいらっしゃいました。
(写真撮影は禁止)

その真向かいにあるピンクの建物が、なんと<トームペア城>
なんか大使館のような感じ。。。
タリンの征服者が変わるたびに改築されてきたそうです。
南側には「のっぽのヘルマン」と呼ばれる塔がそびえていました。
b0207284_5552986.jpg

この城が一番街外れになり、高台で街全体を見渡せます。
そして、ここがタクシーに下ろされた場所!
振り出しに戻りました。
b0207284_5573838.jpg

タリンは街中「石畳」で、細い道で坂も多いのです。
来た道をラエコヤ広場まで戻り、聖オレフ教会の横を通って、市民ホール港へ向かいます。
b0207284_5595885.jpg

街の最後にあるのが、<太っちょマルガレータ>と呼ばれている建物。
1529年に建てられた砲塔です。
太ったおかみさんが食事の切り盛りをしていたことから、こういう呼び名がついたそうです。
建物の見かけも丸々太っていますけどね。
b0207284_654322.jpg

現在は海洋博物館になっていて、なかなか面白かったです。
b0207284_3464070.jpg

さあ、港へむかいましょう。
b0207284_692244.jpg

b0207284_694137.jpg
この日一日、本当に良い天気だったのですが、ヘルシンキの港についたら、虹がでていて、
なんと一日中、雷もなる大雨で、途中雹も降ったとか、、、
「晴れ女」ですもん♪





「聖オレフ教会」から「3人兄弟」へ向かう途中のイタリアンでランチ。
b0207284_6102611.jpg

b0207284_611578.jpg

おいしかったのですが、PIZZを頼んだつもりが、、、
キッシュっぽいものでした(^^;;

ボルチーニ茸のパスタはとても美味しかったので、ペーストを買ってきました♪

長々と書いてしまいましたが、最後までお付き合いいただきありがとうございました♥
by doremi730 | 2014-05-11 06:12 | 海外旅行 | Comments(2)
Commented by yasukon20 at 2014-05-12 20:59
こんばんは!
大作~~ですね(笑)  エストニア いつか行きたい所の一つに入っています。
お友達と行かれたということがどこかへ書いてあったのかも知れませんが見逃していてここでやっと「あぁ~お一人ではないのだ~」って判明(笑)
一人でなくてお連れが有ると心丈夫ですね。
素敵な街並みですね。
Commented by doremi730 at 2014-05-13 06:06
yasukonさま、コメントありがとうございます。
長々した文をお読み頂き、サンクス♥
うふふ、スペインが一人旅だったからね(^^;
でも、このあとの1日半は、バラけて一人で歩きました♪
二人といっても、私が主導で計画したり動くのですが、
私は遠いのですが、トイレだの喫茶だの・・・
私一人ならしない事に気を使ってあげなくてはいけないのと、
不安そうな時は合わせたりしなくてはいけないので、
実は気ままな一人の方が好き♪
主人と英国に行った時も、3日間は一人で自由に歩いてました。
私はミュージアムで観賞や建造物が好き、船にのったりアクティビティ、
主人はラグビー観戦してたり、自分の行きたいところに。
夕飯だけ待ち合わせて一緒に食べました。
友人と行く時も、だいたい1~2日は一人にしてもらいます♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

小さい頃好きだったあの遊びの緊張感と煌きをいつまでも忘れない
by doremi730
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新のコメント

mackworldさま、..
by doremi730 at 22:32
■こういう淡い色調での油..
by mackworld at 11:39
yasukonさま、あり..
by doremi730 at 00:44
モンスーンさま、ありがと..
by doremi730 at 00:41
おはようございます。 ..
by yasukon20 at 06:49
こんばんは^^ こ..
by 2005-1127 at 17:50
mikkoさま、ありがと..
by doremi730 at 18:34
美術館の建物も素敵ですね..
by mituamikko109 at 13:03
tihiroさま、ありが..
by doremi730 at 12:06
こんにちは。早速ありがと..
by tihiro58 at 11:54
arakさま、ありがとう..
by doremi730 at 08:40
建物からして記念物ですね..
by umi_bari at 07:56
arakさま、ありがとう..
by doremi730 at 23:36
saheiziさま、あり..
by doremi730 at 23:35
tihiro58サマ、あ..
by doremi730 at 23:33

検索

最新のトラックバック

下北沢 本多劇場 「ザ・..
from 遊ぶろうぐ
伊豆高原1泊2日 10/..
from 遊ぶろうぐ
トルコ旅行 ② 食事
from 遊ぶろうぐ
主夫のお気にいり♪  /..
from 本当に幸せなの?
北海道旅行(利尻島・礼文..
from 忘れな草のフォト日記
七夕飾りで彩り、セールや..
from ローカルニュースの旅
「花と緑の利尻島・礼文島..
from 本当に幸せなの?
四国こんぴら歌舞伎大芝居..
from 本当に幸せなの?
浅草 ロシア料理「ラルース」
from 遊ぶろうぐ
映画「小さいおうち」観て..
from 本当に幸せなの?

ライフログ

外部リンク

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな