人気ブログランキング |

だるまさんが転んだ♪

雪の津和野 (島根県)

2日目(1/4)は、8:30に尾道を出発し、車で津和野へ。

広島からは私が運転でしたが、中国自動車道に入ったとたん、
晴れてはいるのですが、雪景色!
道路上の路肩雪が車道に押し寄せてきた時点で、K君に速攻運転をバトンタッチ!!
b0207284_17414183.jpg

六日市で高速を下りたあとの途中の山道は、除雪されているといっても
完全に雪道で20kmで徐行運転。
それでも、尾道を出てから、3時間で津和野に到着。

こんな山の中の盆地にある城下町だったんだ、、、とビックリしました!
いい意味で昔とさほど変わらずに、懐かしい風景が保存されています。

早めの昼食には、ガイドブックに載っていた駅前の「能濃(のの)」というお茶処で<うずめめし>を頂く。

丼の中には野菜や漬物など9種類の具が入っているが、その上にご飯が被さり、
出汁がたっぷりはってある。
それをかき回していただく郷土料理です。

「具がうずめてあるご飯」ということなんですね。
優しい味で身体もほっこり温まりました。
b0207284_17483628.jpg

腹ごなしには、すぐ近くの津和野町立・安野見光雅美術館で、
ゆっくり光雅メルヘンワールドを堪能!
小学生の頃の日記のようjなものに絵がついて、懐かしい世界に浸れました。

教会を2軒ハシゴ。
まずは山の上の「乙女峠マリア聖堂」へ。

駐車場からちょっと急な坂の山道を5分ほど登ると、
8人入ったらいっぱいの質素なこじんまりした建物が
森の中にひっそりと佇んでいます。
b0207284_20121924.jpg

明治元年(1868)にキリスト教禁止令下、長崎の隠れキリシタンが収容され、
36人が殉死した聖地なのです。

その慰霊のために、ドイツ人神父が昭和26年に建立したそう。
私たち3人が生まれた年ですから61.5年前な訳ですね。
マリア様の穏やかなお顔がとても美しかったです。

b0207284_2046208.jpg


もう一つは観光名所・殿町通りと本町通りの分かれ目の交差角に
堂々と聳え立つおしゃれな「津和野カトリック教会」

写真がうまく撮れていませんでした(^^;畳敷きの堂内と美しいステンドグラス
b0207284_20443538.jpg


殿町通りは、なまこ壁が続くメインストリートで
昔ながらの家並みに史跡の藩校・養老館や町役場が点在。
ずっとつづいている掘割には、巨大な色とりどりの鯉が沢山泳いでいます。

b0207284_21354322.jpg



その養老館が排出した西周(にし あまね)や森鴎外の生家及び記念館も訪ねました。
b0207284_2210469.jpg

思ったより質素な家に驚きましたが、小さいながらもお茶室もあり
文化の高さはうかがえます。

資料館の略歴で生い立ちを拝見して初めて生家の状況を理解。
津和野藩主、亀井家の御典医を代々つとめる森家でしたが、一時石高を下げられ、
お母様の生家のお屋敷から現在の地に移り住む。
お家再興のため、祖父と父を婿養子として迎えている。
久々の跡継ぎで、お母様をはじめとする一族の期待を一身にうけて育った。

藩医の嫡男として、幼い頃から論語や孟子やオランダ語などを学び、
藩校の養老館では四書五経を復読。

頭脳明晰ゆえになんと9歳で15歳の学力があり藩主に勉学を教えた。
廃藩置県を機に10歳で藩の御典医だった父と上京、東京大学医学部に最年少で入学。

軍医として最高位まで昇りつめ、数々の名作や翻訳本を沢山世に出して
文学者としても花開いた鴎外。

しかし、石見の生家に戻ることのなかった気持はいかがだったのだろうか、、、と、思いを馳せました。

<西 周(あまね)旧宅>
森鴎外は従兄弟の子に当たり、東京の家に鴎外を寄宿させていた
啓蒙哲学者で政府高官の西周の生家。

鴎外に与えた影響は大きく、西周の英才教育で東大医学部に進学できたという話も、、
なんと!「化学」「哲学」「心理学」という言葉は、西周の訳語だそうです!!
b0207284_2238972.jpg


さあ、最後は派手派手の<太鼓谷稲荷神社>です。
日本5大稲荷のひとつ。商売繁盛、五穀豊穣、願望成就に霊験あらたかだそうで
参拝客で大変賑わっていました。

b0207284_224919.jpg

入り口でおいなりさんを購入して備え、欲張っていろいろとお願い(^^;
b0207284_2249269.jpg

b0207284_23251997.jpg


今回の津和野で唯一残念だったこと!

津和野駅か、長門峡の朱塗りの鉄橋のヴューポイントで
黒煙を上げて走る SL「やまぐち号」の勇姿を撮りたかったのですが、、、
観光協会に時間を問い合わせたところ、
3月~11月しか運行していないのだそう(><) 残念デシタ。。。。

またまた 長文になってしまいました(^^; 最後までお読み戴きありがとうございます。




津和野から山口の湯田温泉までは、雪道でなく平野の国道9号で1時間。

約800年前、寺の和尚さんが白キツネに導かれて発見したという温泉。
ひなびた温泉街の風情はなく、大型ホテルが林立しています。

味の宿「梅乃屋」さんを予約してくれていました。

湯田の源泉に、炭酸水素イオンを含む自家源泉を加えた湯は、
入って肌の弾力が違う感じです。
美肌の湯として、女性に人気とか。

食材にも、宿の備品にも、とても拘っていらっしゃるお女将さんだそうで、
ご本人は控えめで出ていらっしゃることはなかったのですが、
仲居さんの教育も行き届いていて、気持ちよく泊まれる宿でした。

夕飯は河豚会席。
(鍋はすっかり撮り忘れました)
b0207284_032469.jpg


b0207284_2359460.jpg

河豚コースだけでも1万円するのだから、
朝食もこだわりで温泉に24H入れて、¥15000はお値打ちだと思いました!
by doremi730 | 2013-01-14 22:51 | 観劇。鑑賞。観戦 | Comments(2)
Commented by michi-kan at 2013-01-15 22:17
わぁ~津和野に行かれた時、雪だったの~!!
車はスタットレスだったのですか??
doremiさんはいろんな所を良くご存知ですね!!
食通なので食事処もさすが・・・(*^^)v
味の宿「梅乃屋」さんも魅力がありますね。
教えて頂いた「おおとく」さん2月に予約しました。
楽しみです、ありがとうございました(^^♪
Commented by doremi730 at 2013-01-16 12:32
michi-kanさま、コメントありがとうございます。
タイヤはスタッドレスでした。
お!おおとく予約なさsったのね。
2月はだいぶ蟹が小さくなっているかもね。
でも、鮮度はいいとおもうので、、、
この宿も絶対オススメでしたよ(^^)v
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

小さい頃好きだったあの遊びの緊張感と煌きをいつまでも忘れない
by doremi730
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新のコメント

アスパラガスは、北海道の..
by mituamikko109 at 23:23
kinakoさま、ありが..
by doremi730 at 18:17
saheiziさま、あり..
by doremi730 at 18:11
モンスーンさま、ありがと..
by doremi730 at 18:10
yasukonさま、あり..
by doremi730 at 18:05
doremiさんとは事情..
by suzu-kinako at 13:13
郵便も届かないことがあっ..
by saheizi-inokori at 06:44
おはようございます。 ..
by yasukon20 at 06:38
mikkoさま、ありがと..
by doremi730 at 19:21
さすが、パッパッとこうい..
by mituamikko109 at 09:56
yasukonさま、おは..
by doremi730 at 07:27
おはようございます。 ..
by yasukon20 at 07:16
yasukonさま、あり..
by doremi730 at 21:42
arakさま、ありがとう..
by doremi730 at 21:39
yasukonさま、あり..
by doremi730 at 21:36

以前の記事

検索

最新のトラックバック

下北沢 本多劇場 「ザ・..
from 遊ぶろうぐ
伊豆高原1泊2日 10/..
from 遊ぶろうぐ
トルコ旅行 ② 食事
from 遊ぶろうぐ
主夫のお気にいり♪  /..
from 本当に幸せなの?
北海道旅行(利尻島・礼文..
from 忘れな草のフォト日記
七夕飾りで彩り、セールや..
from ローカルニュースの旅
「花と緑の利尻島・礼文島..
from 本当に幸せなの?
四国こんぴら歌舞伎大芝居..
from 本当に幸せなの?
浅草 ロシア料理「ラルース」
from 遊ぶろうぐ
映画「小さいおうち」観て..
from 本当に幸せなの?

ライフログ

外部リンク

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな