だるまさんが転んだ♪

<   2010年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧

世界遺産・宇治上神社~源氏物語ミュージアムへ

かつては宇治神社の上社でもあった歴史ある神社。

平安時代の建立の本殿は、神社建築としては、日本最古のもので
世界遺産に認定されている。

三角錘の盛り砂が、気持を引き締める。
b0207284_1561018.jpg
手を洗うところも、なんだか厳か!
b0207284_158592.jpg

ぐるっと後ろにまわった本殿は、霊剣あらたかな空気が漂っています。
b0207284_220308.jpg


ここから「奥の細道」風?の小道を5分ほど歩くと
源氏物語ミュージアムにたどり着きます。
b0207284_2295988.jpg

ガラス張りの明るい近代的な建物でした。

源氏物語全般を期待していたのですが、展示や説明、映像も
宇治にまつわる「宇治十帖」の橋姫のところだけだったので、
ちょっと期待が外れてしまいましたが、「宇治十帖」に関してはバッチリ!

もう一度全部読み返したいと思ったのは、狙いどおりでしょうか?

b0207284_240508.jpg
ちょうど、企画展
「紫式部文学賞20周年記念 
瀬戸内寂聴と20人展」
をやっていました。


紫式部文学賞を
受賞なさった20人の方たちの
写真とコメント、それぞれの作品を展示


瀬戸内寂聴さんの直筆の源氏物語の原稿がガラスケースに収められていました。
宇治川沿いにあったミュージアムへの案内がお洒落でした
b0207284_2422042.jpg


More 宇治茶ロール
[PR]
by doremi730 | 2010-09-30 02:45 | 国内旅行・温泉・行楽 | Comments(8)

銀座「いさみや」 - 子供服 -

先週の土曜に新橋演舞場に歌舞伎を観に行った際、2時間ほど早くでて
新装開店したという「銀座・三越」に立ち寄りました。

通りを挟んだ以前の駐車場に新館を建てて、本館とドッキングさせたうえに、
各ブースごとの壁も取っ払ったので、とても広くゆったり。

各階とも、お洒落な見やすいフロアになっていました。

ただ、化粧品売り場がB1なのは、、、臭い!
化粧や香水の匂いが苦手でスッピンの私にとっては、息止め駆け足地域!

普通一階にあるのは、ドアの開閉で匂いが薄まる効果もあると聞きますよね。。。
なんでB1にしたのかしら。。
B2の食品売り場にも匂いが流れそうです。。。

さて、三越の隣にあって、かならず立ち寄る、子供服の「いさみや」さんも
新装OPENしていました!!!
b0207284_2293393.jpg

店内も白い壁で清潔な感じ。
服の陳列も以前より数段 お洒落!
年配の店員さんが多いのですが、皆さんベージュのシックな制服ワンピでグレードUP!
b0207284_237275.jpg

このお店、安くて可愛いものが主だったのですが、ブランド物も置いてありました。
ちょっとイメチェンです。

あら、子供が遊んでいる空間も作ってあるわ♪

地下もできて、120~はそちらへ。

あらあら、1階でSOのベビー服を買い、地下で小2のAのを買って。。。
あらあら、ついつい可愛い女の子モノばかりに目がいって、、、
男の子(小6R)のは今度ね、スポーツ店とかバッシュー買うからね(^^;

お財布が悲鳴あげてます~!
[PR]
by doremi730 | 2010-09-29 01:27 | ハヤリ物。頂き物。めっけもの | Comments(2)

お茶飲んでって~♪

早朝の宇治の商店街を闊歩していると、やはりお茶屋さんが多い。

まだ暖簾もかからず、どこが入り口かもわからないように
息をひそめて、これから始まる昼の喧騒に待機しているかのよう、、

あ、1軒だけ開店していて、綺麗な女性が
「お茶飲んで休んでって~♪」
b0207284_3591863.jpg

お茶をご馳走になりながら、美味しい入れ方を伺ったのですが、そのあとの兄弟の確執話で。。。
忘れました(^^;

品のいい初老の紳士の弟さん(「かんばやし」で再起中)
幼少の頃からご実家の「上林」で長年頑張ってこられたのに、
お父上の他界で長兄さんがサラリーマンをやめて急に戻って「上林」継いでしまったら
それは悔しいとはおもいますが、、、

観光客に話してもしょうがない、、、、
平等院の前でも店が並んでいるので、自分の方へとアピールしたかったらしい。
美味しいお茶のサービス=味で勝負で!
頑張ってくださいね。
b0207284_4142294.jpg

帰りに通ったら賑わっていた駅に近い店
b0207284_4151579.jpg

b0207284_4154516.jpg

b0207284_419586.jpg

b0207284_4211136.jpg

ポストまで!
b0207284_4215793.jpg

[PR]
by doremi730 | 2010-09-28 03:47 | 国内旅行・温泉・行楽 | Comments(6)

平等院 南門

b0207284_4422446.jpg

ちょっと歌舞伎っぽくて好き
[PR]
by doremi730 | 2010-09-28 01:40 | 国内旅行・温泉・行楽 | Comments(0)

世界遺産 宇治 平等院

1000年の時の流れを経て、阿弥陀様も鳳凰堂もすすけたりはげたりしていたが
修復が行われ終了して公開されているというので、帰る日は朝早く
6:50にホテルを出て、京都駅でモーニングを食べて宇治に向かいました。

宇治駅に着いたのが8時なので、まだ商店街も眠っています。
あちらこちらに白壁のお茶屋さんが点在していて、
あ~あ、宇治だ!

(その写真は別だしします。)

早すぎたので、県神社経由でぐるっと廻り、25分ほど歩いて、平等院に到着。
鳳凰堂拝観のチケットを購入するのに長蛇の列に並びました。
9:50の予約チケットですので、40分ほど写真を撮ったりして池の廻りで待機。
b0207284_2335328.jpg

いよいよ鳳凰堂の中へ。

注意事項で、「柱や壁に絶対に触れないでください。荷物もあたらないように」

修復されてさぞやきらびやかになったのかと思いきや、
すすけたままですし、阿弥陀様も1000年お座りになったままに見えます。
廻りの壁に舞い謳っている雲中供養菩薩たちも真っ黒です・・・

係りの方の解り易い説明で、今回の修復は現状をより良く維持保存するためのものだと判明。
100年ごとに維持修復しているとか。

剥げ落ちてしまった金なども、1000年の状態に仕上げてあるそうです。

また、より美しく水面にシルエットが映るように研究して池の敷石も調整したそうです。

これも説明を聞かなくては解らなかったのですが、正面の戸の格子が上部だけ丸い窓に。
対岸から見ると、阿弥陀様のお顔がその輪の中に見えて、拝むことができるそう。

後で対岸にまわり見てみましたが、眼がわるいので肉眼では確認できなかったものの、
コンデジを目イッパイ調整しましたら、ボケボケながらも写りました(^^;
b0207284_23592392.jpg
南無!

「平等院ミュージアム鳳翔館」では、1000年前を再現したCGの映像や、
出来た頃を復元した雲中供養菩薩達、等身大鳳凰レプリカが陳列されていました。

More  これを唱えよ!
[PR]
by doremi730 | 2010-09-26 23:10 | 国内旅行・温泉・行楽 | Comments(4)

京都南座にて 大歌舞伎

お茶会の翌日は、ホテルでの朝食バイキングのあと、ゆっくり休憩し
京都駅隣接の伊勢丹でお昼のお弁当を買って、一路「南座」へ。

昼・夜通しで一日中、歌舞伎三昧です。

訪欧凱旋公演と銘打って「義経千本桜」の通し狂言。

海老蔵丈の忠信「宙乗り」を観るのは3回目?
安定した演技ですっかり十八番になった感じですね。
それぞれの場はいろいろな役者さんでもお馴染の狂言です。

なによりもやっぱり玉三郎丈が登場すると舞台が華やぎ締まります。

第2幕の「渡海屋」では安徳帝の乳母である典侍の局(玉三郎)
第3幕ではあでやかな静御前になり、海老蔵の忠信と満開の桜の吉野山で
「道行初音旅」を息ピッタリで舞い踊ります。

5幕目の「すし屋」では、これもお馴染みコンビの市蔵丈と右之助丈の渋い演技が
いがみの権太(海老蔵)の最後に華を添えて、涙を誘います。

そして、、静御前の鼓に張られた親狐を慕って子狐が忠信に化けていたことが判明する
最後の場面は、海老蔵丈の見せ場です。
早替わりしたり、あちらこちらから神出鬼没にでたり、宙乗りで
華やかな舞台が展開されます。
b0207284_633556.jpg

天井の電気の覆いが繊細な細工で素敵なのですが、光って撮れませんね。。
b0207284_633481.jpg

b0207284_6342382.jpg

[PR]
by doremi730 | 2010-09-24 05:32 | 観劇。鑑賞。観戦 | Comments(0)

<今だけの京都>を楽しむ  -3-  高台寺茶会

高台寺で「秋の夜の観月茶会」が 9/10~26の金・土・日だけ開かれるというので
それをOさんが申し込んでくださってありました。

お薄をいただくお茶会の後、高台寺のライトアップされたお庭を説明付きで散策⇒
ご用達の「羽柴」にてお食事⇒喫茶 
これで3時間半くらいゆったりと過ごして、¥6000はお値打ちでした!

受付が5時~6時ということでしたので、有栖館よりタクシーで向い、
先に大雲院・祇園閣にて、東山連峰や京都市内を一望したり
今だけ特別公開の寺宝も拝見の予定でしたが、
4時半に着いたら、、、すでに終了(^^;;;
b0207284_1471546.jpg


ねねの小路などでショッピングしたりしてブラブラと高台寺に向かい
5;10に受付したので一番乗りかと思いきや、
すでに2席目の最後の方でした!(予約客のみ。。)

1席目のお茶会が終わるのを30分ほど控えの間で待ち、ウトウト。。。。

まだ日が明るいうちのお庭が愛でられる時間から2席目が始まり、
お薄を2杯いただき、お道具の講釈をうかがう頃にはとっぷりと暮れて月見の宴。

お茶碗は、政所窯の黒楽平「円相」 と 寿宝作「秋なす」
一般公開のお茶席なので京都っぽいものになさったそう。
茶杓中ほどの鈴虫蒔絵が秋仕様でした。
b0207284_127421.jpg

高台寺の係りの女性がついてくださって、ライトアップされたお庭の散策です。
お茶会参加の方以外の一般の観光客は入ることができません。

昔、高遠城址で見て大感激した<水面に映える樹々>が、
ここの大きな池で堪能できました。
b0207284_1504347.jpg

b0207284_151351.jpg

千利休プロデュースで秀吉が愛でたお茶室「傘亭・時雨亭」と観月台
b0207284_232755.jpg

ちょっと訳ありで旅行の荷を軽くしたかったし、帰りにお通夜に行く用意も持っていたので、
一眼ではなくコンデジにした事がとても悔やまれました。
あ、でも、、、腕が悪いから一緒かな。。。(><)
<メモ帖>
ここ高台寺は豊臣秀吉の没後、北政所ねね様(出家なさって高台院湖月尼)が
慶長11年(1606)開創し、1624年7月に建仁寺の三江和尚を開山として迎えたが、
9月に北政所ねね様は亡くなられ、霊屋(みたまや)にお祀りされています。
たびたびの火災にあってかなりの損害をうけ、現存の建物は国の重要文化財に指定されています。
お庭は小堀遠州作の名勝指定。


さて、いよいよお待ちかね、高台寺ご用達「羽柴」にてお食事です。
b0207284_2182481.jpg


More 舞妓さん
[PR]
by doremi730 | 2010-09-23 00:22 | 国内旅行・温泉・行楽 | Comments(4)

<今だけの京都>を楽しむ  -2- 有栖館

相国寺を出て、丸太町まで一駅なので京都御所を左にみながら歩く。

次に目指すのは、7/10-9/30まで一般公開している
平安女学院大学「有栖館」 

有栖川宮旧邸で、お庭は京都のパンフレットの表紙にもなっています。
b0207284_2381017.jpg

しかし、、、私が撮ったのはコチラ。。
冷房や虫などを考慮して、格子ガラスが閉めてありました(^^;
b0207284_2385436.jpg

系譜や歴史を織り交ぜた丁寧な解説をしてくださいます。

More  護王神社
[PR]
by doremi730 | 2010-09-22 01:29 | 国内旅行・温泉・行楽 | Comments(4)

<今だけの京都>を楽しむ  -1- 相国寺 

今回の夏の京都への旅の最大目的は、京都南座での通し狂言「義経千本桜」を
丸一日。昼夜通しで堪能することでした。

せっかくの3連休のど真ん中に席を予約したのですから、
その前後も塾女4人で夏の京都を堪能することに。

Oさんが得意技でネット検索し、<今だけ>を楽しむ細かいスケジュールをたててくださいました。

その第一弾

着いたあと、荷物はスグにホテルに預け、地下鉄烏丸線に乗って、「今出川駅」下車、
臨済宗・相国寺(しょうこくじ)へ。

9/15-12/8 秋の特別拝観期間
とても広い境内に点在している 「法堂」「開山堂」「浴室」が観られます。
開基(創立者)は室町幕府三代将軍の足利義満が発願し夢窓疎石が開山
(天授4年・永和4年(1378)

八方睨みの雲竜図は。天龍寺や建長寺、東福寺、円覚寺、大徳寺などでも拝見していますが、
ぐるっと移動してもずっと目が追ってくるのは、本当に不思議!
 (法堂(はっとう)の雲竜図は撮影禁止ですから、ネット検索で画像を拝借しました)
b0207284_1575091.jpg

開山堂の庭園「龍渕水の庭」
枯れ山水に水の流れる庭の組合せが斬新
b0207284_29625.jpg

入り口近くにある「瑞春院」
水上勉氏の小説「雁の寺」で有名ですね。
親と幼くして死別した水上氏が、9歳~13際まで、この瑞春院で修行していたそうで、
襖に描かれている孔雀の親子に慰められたそうです。

四季折々のお花が庭いっぱいに溢れ、2箇所に「水琴窟」がありました。
b0207284_2174367.jpg

竹の筒に耳を当てると、水の滴が一滴づつ落ちる音が美しい音を奏でています。

地中に埋まっている大きな空の亀の下部に突起があり、そこに当たる水滴によって音が変わるそう。
b0207284_2282223.jpg

解りやすく軽妙洒脱な説明がとてもよかったです。

実は我々4人はコースを逆まわりしてしまったので、説明しづらそうでしたが、、スミマセン
[PR]
by doremi730 | 2010-09-22 00:21 | 国内旅行・温泉・行楽 | Comments(4)

二代目 MBT

以前の部屋でも紹介したのですが、今年の4/9に購入した
The anti-shoe.のMBT

マサイ族の歩き方を研究して作られたこの靴
かかと部分の「マサイセンサー」が、アスファルトにぶつかる足を
ソフトに守ってくれるので、膝の痛みが軽減されます。

何度か他の靴や、薄くて履き心地がいいと勧められた靴も
試してみたのですが、どれも家に帰りつく頃には
膝が痛くなり、酷い時は下肢が痛くなってしまいます。

MBTを履いて一ヶ月は今まで使ってこなかった筋肉を使うので
痛みがでたり、ちょっと辛かった時期もあったのですが、
履き替えの靴を持って歩いて、無理せず少しづつ時間を延ばし、
現在は一日履いています。

というか、この靴じゃないと、必ずトラブルが起きて後悔するので、
もうMBTだけを毎日履いていました。

当然、靴底のゴムが減ってきました。
それも、足の外側の後方のみ。

この減り方は、購入時にインストラクターの方が、
丁度修理を依頼された靴を見せてくださって
「正しい歩き方をしていると、こういう具合に減ります」
のお手本どおりです!!

靴底のミッドソールは張替えが可能なので、
恵比寿の「コア・ギャラリー」に持っていきました。

減った部分のミッドソールの張足しになるそうで、両足で¥1050
靴のクリーニングも¥350 でやってくれるので、一緒に依頼。

さあ、修理期間中に履く靴がありません。
今度の3連休はちょっと出かけるし、もう1足購入することにしました。

王道の運動靴タイプを薦められたのですが、
やはり通勤の服装や、外出の服装があまりスポーティではないので
一代目と代わり映えしなくても、プロフェッションがいいな~♪

これから秋⇒冬と寒くなるので、かかとがあるもの。
黒が何にでもあうのでよかったのですが、サイズとの兼ね合いで在庫がない。
思い切って、金茶にしました。
秋冬は茶系の服も多いしね!
b0207284_4275258.jpg

部屋の奥には足専用スパもあって一ヶ月以内に予約してから行くと、
履いている状況のチェックをしながらマッサージもしてくださるの。

前回は時間が取れなくて諦めたのですが、今回は是非お願いしよっと!
修理の方を取りに来る日がチャンスだわ(^^)v

More 歩き方ワンポイント
[PR]
by doremi730 | 2010-09-17 04:30 | ハヤリ物。頂き物。めっけもの | Comments(12)

小さい頃好きだったあの遊びの緊張感と煌きをいつまでも忘れない
by doremi730
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

雨の中の観劇、お疲れ様で..
by umi_bari at 14:43
ドレミさんは本当に沢山の..
by peko-nanamama at 12:48
saheiziさま、コメ..
by doremi730 at 11:51
yasukonさま、コメ..
by doremi730 at 11:50
楽しそうだなあ。
by saheizi-inokori at 10:07
おはようございます。 ..
by yasukon20 at 09:02
saheiziさま、コメ..
by doremi730 at 08:30
kinakoさま、コメン..
by doremi730 at 08:28
arakさま、コメントあ..
by doremi730 at 08:26
毎日の感覚から、機嫌のよ..
by saheizi-inokori at 08:24
私も今朝の朝刊でこの記事..
by suzu-kinako at 06:52
笑いがあると免疫力が増す..
by umi_bari at 05:16
saheiziさま、コメ..
by doremi730 at 16:59
シソジュース、カミさん大..
by saheizi-inokori at 09:43
kinakoさま、コメン..
by doremi730 at 09:10

検索

最新のトラックバック

下北沢 本多劇場 「ザ・..
from 遊ぶろうぐ
伊豆高原1泊2日 10/..
from 遊ぶろうぐ
トルコ旅行 ② 食事
from 遊ぶろうぐ
主夫のお気にいり♪  /..
from 本当に幸せなの?
北海道旅行(利尻島・礼文..
from 忘れな草のフォト日記
七夕飾りで彩り、セールや..
from ローカルニュースの旅
「花と緑の利尻島・礼文島..
from 本当に幸せなの?
四国こんぴら歌舞伎大芝居..
from 本当に幸せなの?
浅草 ロシア料理「ラルース」
from 遊ぶろうぐ
映画「小さいおうち」観て..
from 本当に幸せなの?

ライフログ

外部リンク

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな