だるまさんが転んだ♪

カテゴリ:観劇。鑑賞。観戦( 83 )

熱海五郎一座 新橋演舞場6月公演

旅行に行く前に、同級生の三宅裕司さんのお芝居を観に行き、
blogにUPの予定でおりましたが、PCの画面が全くでなくて
四苦八苦したものの、諦めたところ
次男坊が留守中にきて、PCを直しておいてくれました。

旅行の記録を始めてしまった途中ではありますが、
日が経つとどんどん忘れてしまう近頃ですので(^^;
こちらを先にUPしておきたいと思います。

どうぞお付き合いくださいませ m(_ _)m

熱海五郎一座も、以前は池袋で興行していたのを
新橋演舞場でやるようになり、早くも4回目なのですね~!
全部行っている筈ですが、2回しか思い出せない、、、(^^;

三宅クン、テレビ番組、芝居、JAZZビッグバンドと、頑張ってくれてて
同じ歳としては嬉しいし、自分も頑張ろうと目標になります。
(凄く痩せたわね、、と言ったら、健康の為に16kgもダイエットしたそう、、
例の広告のではなく、ご自分でデス )
なんか、前より若くカッコ良くなったみたい♪

今回は6/8に、別の同級友人達と8人で行ってきました。
その中のお一人は、同級生のお父上で96歳!!!!
三宅裕司の大ファンだということで、とても喜んで頂けました。
来年も、再来年も、100歳の時も、是非!
そうしたら舞台で紹介してもらえるように頼みましょう♪

さて、本題に戻し、、、

今回は、スタイル抜群の藤原紀香さんをゲストに迎え
フルボディミステリー 「消えた目撃者と悩ましい遺産
b0207284_15535128.jpg

<6/2~6/27まで>

ミステリーと銘打っても、<THE 東京喜劇!>の熱海五郎一座ですから
ドタバタあり、爆笑あり、アッと驚く演出あり、、、、
いつものメンバーですが、今回はちょっと違った役どころに挑戦もありで
充分に楽しませてもらいました♪

6/27までですので、お時間がおありで、笑ってスッキリなさりたい方は
是非、新橋演舞場にお運びくださいませ。
夜の部が無い日も多いので、
(紀香さんが新婚なので気遣いか?・・・私の想像です・・・)
上記の赤いタイトルをクリックすると、公演日が見れます。

最後の挨拶で、渡辺正行リーダーが、
「今日はお忍びで紀香さんのご主人も、、」と
2階席を指差したので、みんなのけぞってその方向を見ました!
「えっ!!愛之助が来てるの?」と。。。

すると、一呼吸置いて、渡辺正行が
「おいでになっていません、、、」

みんなで 大ズッコケ!!!
これ、毎日やってるんでしょうね~(^^;
中には本当に見える日もあるのかも、、、
そんな日に観に行かれた方は、大当たり♪ ですね
[PR]
by doremi730 | 2017-06-13 16:07 | 観劇。鑑賞。観戦 | Comments(0)

ファミリーコンサートへ

おーしゃべりーぜの友人の娘さん夫婦が
年に一回、気の会った仲間たちと、
無料のファミリーコンサートを
<ニャーミーアンサンブルコンサート>と名づけて
教会や区の施設などで開催して4回目。

毎年、おーしゃべりーぜのおばさん達でお邪魔しています。

今日は、人形町から徒歩5分の日本福祉会教育会館ホールで
14時から開演でした。

今年は、例年のアンサンブルばかりより演目に工夫が見られて
クラリネット8重奏→フルート3重奏→木管5重奏
b0207284_239243.jpg

その後の「フルート4重奏」の曲を、
リコーダーがメインとヴァイオリンやコントラバスでの演奏は圧巻でした♪

リコーダーで、あの演奏!指の早業!!素晴らしい♪

次の女子だけで打楽器だけのアンサンブルもリズム良く、楽しく拝見。

フルート3重奏は綺麗な音色に酔いしれました。

クラリネットとチェロの2重奏は「ラテンアメリカ風の小品」や「タンゴ」を
軽快なリズムや弾き方ながら、大人のテイストでなかなかの出来♪

最後は、木管5重奏の大作で、重厚に締めて、とても楽しめました。
ありがとう!!

今日の私の装いは、紫の江戸小紋 ・単衣
この楽団名「ニャーミー」にひっかけて、猫の帯
前は猫の足跡、お太鼓部分は縁側で昼寝のネコ
足袋もネコの刺繍がワンポイント♪
b0207284_23132620.jpg


b0207284_32725100.jpg


More
[PR]
by doremi730 | 2017-06-03 23:26 | 観劇。鑑賞。観戦 | Comments(4)

7ヶ月ぶりの歌舞伎!

事故にあった日の3日後にも、歌舞伎のチケットを取ってありましたが
ICUに入っているのではどうにもならず、
息子から友人に電話してもらって、急遽代役さんに行っていただきました。

その前の月に行ったのが最後で、
7ヶ月ぶりの歌舞伎夜の部の観劇でした(^^)v
b0207284_0264634.jpg

今月は團菊祭で、7世尾上梅幸23回忌他追善、
坂東4人の襲名披露と盛りだくさん!!!

演目は何回も観たものではありますが、
役者さんが違うと、またそれぞれの良さもあって面白い♪
今回襲名の6代目坂東亀三郎ちゃん、何歳かしら?
4歳くらい?
とっても可愛いので、拍手も一番沢山でした♪

16時半~21時まで。
こんなに長い時間、席で座っていられるようになりました♪
本当に幸せです♪

今日は9月末に作ったきり手を通していなかった
紫の江戸小紋単衣に、旬の薔薇が手描きの母の形見の帯
b0207284_0272175.jpg

お食事の話は、また明日♪
[PR]
by doremi730 | 2017-05-25 00:27 | 観劇。鑑賞。観戦 | Comments(6)

母の日、一緒に映画<追憶>へ

一昨日、長男から
「日曜にランチと映画おごるよ! 吉祥寺の駅に11:30ね」
とメールが来たので、(長男はスマホですが、LINEは絶対に拒否してます)
今日は息子とデート♥ イソイソと出かけて行きました。

「何が観たいの?」
「岡田准一と小栗旬の「追憶」 !」
と、リクエストしてあったので、映画の開始時間に合わせての待ち合わせです。
b0207284_19594721.jpg

徹子の部屋にも岡田&小栗コンビで出て、裏話をしていたのを観て
近いうちに一人で観にいこうと思っていたのです。

そういえば、去年の12月に退院した後の初めての映画も
長男と岡田准一の「海賊と呼ばれた男」だった、、、(笑)

故高倉健さんの作品を数多く撮ってきた降旗監督と木村大作カメラマンによる
“レジェンドコンビ”が10年ぶりにタッグを組み、
降旗監督が主役は岡田准一以外にいない!!と指名したそう。

かつての幼なじみが25年後に起きた殺人事件によって、
刑事、容疑者、被害者として“再会”することになるヒューマンミステリー作品。

刑事の四方篤を岡田さんが演じ、容疑者・田所啓太役で小栗旬さん、
被害者・川端悟役で柄本佑さん。
柄本佑の現実の奥さんである安藤さくらさんが演じるのは、
25年前、「ゆきわりそう」という喫茶店を営み、
親に捨てられた篤、啓太、悟を我が子のように愛した仁科涼子。
b0207284_2061451.jpg

また、デジタルカメラが主流の中、「追憶」はフィルムカメラで撮影された。

岡田はそんな作品で、なんとカメラマンデビューを果たしたというのだ。
それも、物語終盤のかなり重要なシーンで、木村大作も褒めたそう。

また、これも徹子の部屋で岡田准一が言っていたのですが、、、
一発撮りが多くて早く終わるので、役者同士や監督、撮影者を含めて
ご飯食べたり、サウナでいろいろとモノ作りの話が出来て勉強になったそう。 
b0207284_20104475.jpg

原作も読んでいたので、面白く観れました♪
オススメ!

ランチは、吉祥寺の釜焼きPIZZAの店、<ラ・ベファーナ>
b0207284_20234352.jpg

話に夢中になってて、サラダしか撮ってなかった(^^;
b0207284_20235210.jpg

b0207284_2024021.jpg

パスタはシラスと水菜のペペロンチーノ
食べた後は1時間井の頭公園を一緒にお散歩♪

楽しい母の日をありがとう♪♥

※次男も孫達を連れて、土曜の午後に甲府から来てくれると
電話があったのですが、その日の朝まで孫が熱があったらしいので、
無理は止めてもらい、気持ちだけ受け取りました♪
ありがとう♥
[PR]
by doremi730 | 2017-05-14 20:18 | 観劇。鑑賞。観戦 | Comments(2)

ギャラリー・オカベ 久我通世展へ

もう10年近く前になりますでしょうか、、
ヨットに乗らせて頂いていた時のオーナー夫人の画家・久我通世さんが
銀座のギャラリー・オカベで毎年1回開く個展の初日(3/27)でした。

ヨット仲間も山梨の別荘拠点の山の仲間も
皆さんがオープニングセレモニーに夕方集うので
1年ぶりに皆さんにもお会いしたいから
行きたいけれど、、、と、朝から着物や帯を準備したり
半襟をつけたりとソワソワしていました(^^;

しかし、昨日は寒くて、雨も激しかったので、頭痛も久々にMAX。

なんと! 
さすが、晴れ女!(と、自画自賛(^^;デスが

出かける予定の1時間前の15時に、太陽が照りだし
気温もどんどん暖かくなってきたのです。
頭痛もほんの少しですが引いてきて、行けるかな、、、くらいに。

準備していたので、着物も30分で着て、出かけました!
電車に乗る時には、着物だと人通りが激しくても
皆さん除けてくださるので、自己防衛にもなるんですよね(^^)v

和光の路地側を入ってすぐの所にあるギャラリー・オカベへ、いざ!!
<2017 想い出の旅路・ヨーロッパの古都>の招待状より<ロンドン>
b0207284_984034.jpg

今までの個展での私の好きなリトグラフ作品
b0207284_9103624.jpg

4/8(土)まで。 am11:00~pm18:30 (日曜休廊 最終日は17:00)
お近くにいらっしゃる方がいらしたら、ふらっと寄ってみてくださいね♪

私が17:20に到着した時には、すでにオープニングセレモニーが始まっていて
沢山の仲間達が来ていてました。
持ち寄ったものでワインを飲みながらのパーティが始まっていました。

私は例によって朝から焼いた手作りパンを持参。

当然、私が飲むのをご存知の皆さんなので、
「烏龍茶で、、」という為には、経緯を説明しなくてはなりませんでした(><)

お茶を飲んでいるのは、私ひとり(^^;
皆さんがほろ酔いになっておしゃべりに興じていらっしゃる中、
あまり雰囲気を壊してはいけないし頭痛も酷くなったので、
1時間ほどで失礼して、、、、
半年振りの夜の銀座をちょっとだけ闊歩!

あ~、毎月来ていた歌舞伎座も半年来てない、、
事故の3日後に予約してたのも、他の方に代わって頂いたのだった、、、
もう2ヶ月先の予約を入れても大丈夫でしょうね♪
b0207284_9184196.jpg

どの景色を切り取っても、懐かしくて涙がでそう、、、
あ~、生きててよかった♪
b0207284_9222744.jpg
どんどん風が冷たくなってきて、頭痛も酷くなってきたので、
東銀座の駅のところで売っている歌舞伎座土産の「きんつば」と
ちょっと気に入った「半襟」だけ買って、いそいそと帰宅しました。
[PR]
by doremi730 | 2017-03-28 09:25 | 観劇。鑑賞。観戦 | Comments(4)

上野ストアハウス コレクションNO.9

上野ストアハウスで、2/24~26と3/2~5
アジア週間でストアハウスコレクションNo.9をやっています。

その前半を観て来ました。
「Ocean's Blue Heart」は先日リーディングに行ったのと同じで
作者:ニコン・セタン(タイ)
演出:劇団印象の鈴木アツト

タイでは、演劇が始まる前に、みんな起立で国歌を流すそうで、
タイの国歌を笛で奏でる間、みんな起立し、黙祷しました。
気持ちが引き締まる気がしました。

全員が最初から最後まで、仮面をつけて演じます。
台詞も歌も一切ありません。
パフォーマンスや舞踏、音楽で話が進みます。

後ろのスクリーンの影絵で状況説明を取りいれているのは
新しい感覚でした。
俳優さんは日本人が2人、タイの方が3人、インドネシアの方が1人
一人で何役も、早代わりで熱演でした。

高層ビルの建築現場で、不幸にも起こってしまった転落事故。
死んだ魂はビルの屋上に閉じ込められ、
ビルの設計士は罪悪感に苦しめられるのですが、
そこに絡む人々のエピソードや精神的な部分、魂になった霊が
仮面をつけていることで、象徴的なものとして織りなす舞台になっていました。

明日まで。
b0207284_2343782.jpg

b0207284_23432671.jpg

仮面は、役者さんそれぞれがご自分で作っているそう。
どの仮面も、その役柄や内面を現わしていて、
同じ仮面の表情なのに、笑ってみえたり、泣いていたり、怒ったり、、、

<鈴木アツトさんの演出ノートの抜粋>
現代は何もかもがあまりに見えすぎる世の中であり、
見えないことはそこに存在しないこととして扱われる。

だからこそ、仮面によって、もう一度見えないものを、
目を凝らして見なければいけないのだと思う。


More
[PR]
by doremi730 | 2017-02-25 23:54 | 観劇。鑑賞。観戦 | Comments(0)

海外戯曲リーディング

10年以上応援している劇団「印象」の主催者である
劇作家&演出家の鈴木アツトさんが、英国留学から戻っての
初演出作品ということで、昨日、仙川にある「せんがわ劇場」に
行ってきました。

頭痛がちょっと心配でしたが、いつも一緒に観劇し
その時しかお会いできない友人達とのランチも
是非参加したかったので、頑張ってみました(^^;

1年ぶりにお会いしたアツトさんは、
髭もたくわえられていて、1年の英国暮らしの成果か、、
繊細な青年から少し精神的に逞しくなられたような印象で、
ますますナイスガイになっていました。

前にアツト演出のリーディングに行った時は、
椅子の座り方を工夫していましたが、、、

今回の<神の絶望 作:ニコン・セタン>はまるで劇をみているかのように
演技も入る台詞まわしで、照明にも凝り、
人の動きも随所にあって、内容の難しさを解りやすくしていました。
b0207284_616375.jpg


本日2/17 19:30 と 2/19 13:00 にもこの劇はありますので、
興味のある方は是非!
他の作家さんのリーディングもいろいろとやっています。

せんがわ劇場京王線・仙川駅下車5分

ランチはいつも行く、劇場近くの鮨屋「磯春」で。
b0207284_6162928.jpg


More 
[PR]
by doremi730 | 2017-02-17 06:22 | 観劇。鑑賞。観戦 | Comments(2)

『おんな城主 直虎』 面白かった!

昨日から始まった大河ドラマ『おんな城主 直虎』

現在の静岡県浜松市に当たる遠江の井伊谷(いいのや)。
浜名湖の北に位置する山間の集落が舞台。
現在は城址がある山の上が最後に映し出されていました。
いつか行きたい、、、

平安時代からこの地を治めていた井伊家ですが、
戦国時代に今川家の軍門に下り、勢力が減退。

「桶狭間の戦い」後に訪れた存亡の危機に立ち向かったのが、
家督を継いだ井伊直虎。
直虎と男性の名前ですが女性で、柴咲コウが長じてのヒロインです。

後に徳川四天王と呼ばれた猛将・井伊直政(なおまさ)を育てたのが直虎で、
子孫には井伊直弼もいます。

昨日の初回は、その子供時代。 
幼少期を直虎(おとわ)と、無邪気にともに過ごした井伊直親(亀)、小野政次(鶴)。
この3人の子供時代からの絆をとても丁寧に描き、
子役3人が魅力的で、もっともっと子供時代を見たい!と思わせる。
(4回まで子供時代というのは期待できる!)

おとわと亀之丞は親同士が将来を決めた関係。
鶴丸はおとわを好きでも秘かに思い、助けていく役どころ。

亀之丞の父親が主家の今川義元(ナント、昇太)に謀反を突きつけられ殺害され、
亀之丞自身も殺害されそうになり逃げるのを
おとわが格好を真似て追っ手をひきつけるところで終わった。

子ども時代演じている3人がマジで抜群に上手い!!!
そして、大人になった3人を髣髴とさせるジャストな配役で、
これからがとても楽しみです。

<子役>
直虎=おとわ役・新井美羽(あらいみう)(10)、
直親=亀之丞役・藤本哉汰(ふじもとかなた)(13)、
政次=鶴丸役・小林颯(こばやしかい)(11)。
b0207284_13572320.png
(ネットから拝借)

<長じてから>
直虎=柴咲コウ
井伊直親=三浦春馬
小野政次=高橋一生

高橋一生さんも、このところ何作か拝見して
とても気になっている役者さんで楽しみです♪
[PR]
by doremi730 | 2017-01-09 13:47 | 観劇。鑑賞。観戦 | Comments(0)

お寺で JAZZ LIVE

我が家の菩提寺である浅草の「長昌寺」さんは、
東日本大震災の時にも、すぐに副住職さんが現地に飛んで行き、
ずっと1年近く現地で救済活動や亡くなられた方のお弔いを
無償でなさって、その後もずっと地道な活動を続けていらっしゃいます。

その一環として、
活動に賛意を表明してくださった著名なジャズアーティストが
毎年1回、お寺でチャリティコンサートを開き、
売り上げは全額、被災された児童への救援資金に。

それを6年連続で続けています。
b0207284_062135.jpg

その6回目のコンサートが11/5(土曜)午後にありました。

法要を行う観音堂がステージに早代わり。
いつもはお経を神妙に聴く簡易椅子が、観客席♪
b0207284_064523.jpg

丁度、姉の命日が11/9なので、この日が墓参の予定でもあったので、
9/23の墓参時に予約して、長男夫婦と一緒に聴きに伺いました。

主人のお墓にも
「これから貴方が大好きだったJAZZを聴きにきましたよ♬」
と報告。

なんと、カレが大好きだった「モーニン」から演奏が始まって
本当にびっくりしました。
ナベサダさんトリオやジョージ大塚トリオにもいらして、現在自分の
「古野光昭Expression」を結成なさっている
ベーシストの古野さんがリーダー。
心に響く演奏にうっとり、、、

テナーサックスの川嶋哲郎さんは、Swingjournal誌での人気投票で
1999から現在までNo.1を独走している実力者。
本当に熱い演奏に、大喝采とブラボーが飛び交いました。
b0207284_0204814.jpg

ピアノの石井彰さんは、日野てる正のレギュラーで活動している
表現豊かな繊細な音を聞かせてくれました。

ドラムスの小山太郎さんは、若いエネルギーを活かし、
客席とのドラムでの掛け合いも楽しく演出。

あっという間の2時間半でした♪

More 
[PR]
by doremi730 | 2016-11-07 00:28 | 観劇。鑑賞。観戦 | Comments(6)

ハドソン川の奇跡(映画)

トム・ハンクスが演じる機長の愛称<サリー>が原題です。

そして、この話が実際に2009年1月15日にNYで起きた事故だったと
エンドロールで知りました。
実際のサレンバーガー機長と乗客だった方達が集っているビデオが流れたのです。

空港を飛び立つ前から始まり、まだ飛び立って間もない
マンハッタン上空850mという低空地点で
鳥の群れがぶつかってきて、左右のエンジンとも止まるという前代未聞の事態、
そこからのベテラン機長の経験による判断までの208秒という時間、
副操縦士(アーロン・エッカート)との連携プレイ、管制塔との緊迫したやり取り、、、

事故のドキュメンタリー風映像に息を飲んで見入りました。

空港に戻れないし他の空港への着陸も不可能!
このままではNY市に墜落してしまうと判断した機長は、
目の前に流れているハドソン川への不時着水を試みます。

このあとの成功した様子は、その他の映像や調査委員会の状況との合い間に
機長の思いのフラッシュバック映像で流されるのです。
b0207284_1423193.jpg

そして、ニュースは英雄としてサリー機長を讃えますが、
事故調査委員会は冷静に、審問を続けます。
飲酒は?家族との関係は良好か?

容赦ない調査が続き、機長も副操縦士も精神的に疲弊し、
空港に引き返しNYのビルに突っ込んだ悪夢にうなされたり、
調査委の判断で犯罪者になりかねないという辛い現実に
精神的に葛藤し追い込まれていく。

実際には155人の全員が無事救出されたのですが、
不時着水は乗客に多数の被害が出る可能性があるため、
もし戻れたのであれば、「事故は操縦者の過失によるものでは?」と
実際、サリー機長に疑惑の目を向け、コンピューターでのシミュレーションを行います。

その結果は2つの空港に着陸可能だったというものでした。。。
機長は事故の際の状況と何かが違う、、と悩みます。

今までの素晴らしい業績は考慮されず、その日の208秒の判断のみが
調査対象であることも、厳しい現実として妻との電話のやりとりに現れます。
b0207284_14131425.jpg

そして、葛藤の末、タイミングの問題に行き着き、
PCシュミレーションの2つの空港へ、実際に訓練機で再現してもらうことを依頼。

100人近くの委員が集まった会議で、実際の時間で飛ぶリアルタイム映像を
機長と副操縦士も一緒に見ます。
2機ともそれぞれの空港に着陸できましたが、
鳥がぶつかったと同時に旋回して空港に引き返す
指示どおりに17回も訓練した後での、コンピューターとなんら変わらない飛行。

サリー機長は、未曾有のどんな教本にもない低空での事故に
208秒の判断時間を使ったことを申し出て、35秒だけでも
待機時間を取って、再飛行することを申し出ます。

その結果は、、、、
やはりどちらの空港へも着陸できずに墜落してしまっただろうという結果でした。
ハドソン川へ不時着水し、155人全員を救ったのは、
機長の正しい判断であり、まさに奇跡!

調査委たちは、改めて機長を讃えますが、
機長は謙虚に、自分だけではなく、副操縦士の冷静な連携プレイを讃え、
すぐに連絡をしてくれた遊覧船や海上保安船、救出ヘリ、救急搬送の方達、
そして乗客全員のお陰だと。


「もう一度同じような状況があったら、なにか変更することはありますか?」
と聞かれた、副操縦士の最後の一言が粋でした。
「7月に変更したい」
b0207284_14214761.jpg

もう上映期間も終了に近づきましたので、
ネタバレの記事にしてしまいました。
まだご覧になっていらっしゃらない方は、是非ビデオをお薦めします。
(推理モノではないので、最後まで書いてしまいました、ごめんなさい)

時系列ではなく、機長のフラッシュバックによって事故の記憶を呼び覚ます錯時的な構成をとり、
普通に取り組めば2時間以上を要するであろうサレンバーガー機長の手記を、
96分とコンパクトにまとめています。

また事故の模様と調査の過程を交互させ、同時にサリーの熟練した操縦技術と、
職務に対して強い責任感を持つ人物像を浮き彫りにしています。

クリント・イーストウッド監督の手腕、さすがです♥
[PR]
by doremi730 | 2016-10-30 14:11 | 観劇。鑑賞。観戦 | Comments(2)

小さい頃好きだったあの遊びの緊張感と煌きをいつまでも忘れない
by doremi730
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

凄いですね、バグースです..
by umi_bari at 23:02
こんばんは! 本当に凄..
by yasukon20 at 22:17
arakさま、コメントあ..
by doremi730 at 09:55
藤井四段は凄いですね、ま..
by umi_bari at 05:31
arakさま、コメントあ..
by doremi730 at 19:45
やっぱり肉よりも魚介類で..
by umi_bari at 04:50
鍵コメさま、コメントあり..
by doremi730 at 23:24
saheiziさま、コメ..
by doremi730 at 23:23
魚真て入ったことがないの..
by saheizi-inokori at 22:55
arakさま、コメントあ..
by doremi730 at 00:38
写真なんか気にせずに、会..
by umi_bari at 21:01
arakさま、コメントあ..
by doremi730 at 15:43
ダンスパーティの、光と影..
by umi_bari at 13:01
saheiziさま、コメ..
by doremi730 at 09:40
おや、空いていますね。 ..
by saheizi-inokori at 08:09

検索

最新のトラックバック

下北沢 本多劇場 「ザ・..
from 遊ぶろうぐ
伊豆高原1泊2日 10/..
from 遊ぶろうぐ
トルコ旅行 ② 食事
from 遊ぶろうぐ
主夫のお気にいり♪  /..
from 本当に幸せなの?
北海道旅行(利尻島・礼文..
from 忘れな草のフォト日記
七夕飾りで彩り、セールや..
from ローカルニュースの旅
「花と緑の利尻島・礼文島..
from 本当に幸せなの?
四国こんぴら歌舞伎大芝居..
from 本当に幸せなの?
浅草 ロシア料理「ラルース」
from 遊ぶろうぐ
映画「小さいおうち」観て..
from 本当に幸せなの?

ライフログ

外部リンク

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな