だるまさんが転んだ♪

城邑民俗村 と 冬虫夏草

観光ツアーには、民族村博物館が組み込まれていることが多い。

7000W(¥490)の入場料で作られたものや観光客用の民族芸能を観るより、
実際に暮らしている民族村(無料)に案内してあげるというので、 そちらをチョイス。
b0207284_255562.jpg

済州島で「三多三無」とよく言われるのは
<3 あるもの>・・・岩、風、女
<3 ないもの>・・・泥棒、乞食、門

噴火でできた島で、いたるところが岩や崖だらけ。
黒い溶岩が積み上げられた石積塀もあちこちにある。
島なので風がとても強い。

女が多いというのは、昔、男は筏のような船で漁に出ていたので遭難が多く、
また戦争などで男は減って女が多くなったという。
必然的に1夫多妻の習慣もあったようです。

男の子は生まれた時から「王様」のように何もさせないから、
大人になっても何もしない怠け者。夜だけ元気(^^; ダソウ。。

入り口の3本の棒の片側が全部刺さっていたら、何日も戻らない。
2本なら朝から晩まで留守。1本だけなら、近くに出かけてすぐ戻る。
3本全部外れていたら、どうぞお入りください!

なんておおらか! 果物の栽培で潤っているので、心も豊かなのですね。

若い女性の案内係が、堪能な日本語で
村の歴史や日常生活の様子を説明してくれました。

b0207284_264698.jpg

女は生まれたら、働くための水がめを贈られ、
働く服のための麻を柿渋で染めた布を贈られ(彼女の服上下も柿渋染めの麻)
小さい頃から90歳過ぎても、皆元気に働くそう。

・・・ちなみに、王族は柿渋染めの絹だそうです。

赤ちゃんを入れた籠は、農作業の間足で揺するので、蛇から守るだけでなく
船で漁にでても船酔いをしないのだそう。

雨水を貯めた水がめには雨蛙を入れておき、蛙が元気ならその水は飲める!
b0207284_27645.jpg

民族村の家は国の重要文化財なので、住んで中のリフォームは良いが外観はなおせない。
茅葺の屋根は7年に1度、国が修理する。

敵の襲来が多かった島なので、煮炊きの煙が上に出るのをふせぐために
台所は煙突がなく、左右に戸のない入り口があって換気している。

馬を使った石臼はメスの後ろにオスを繋ぐと、自動的に廻る(^^;

トイレは外の豚小屋の上にあって、人間の排泄物を豚が食べ、
その豚を人間が食べるというエコシステム?!
でも、現在は「クソ豚」はいなくて、「黒豚」だから、安心して(^^;とのこと

男性の場合は排泄物と間違ってかじられるのを防ぐため、杖で豚を追い払うなど
面白おかしく説明してくれて、本当に大爆笑の連続。

他の説明を受けているグループはそんなに大笑いしてないので、
彼女が上手だったのでしょうね。 よく笑うね~、、とは言われましたが(^^;

最後に商品が積んである部屋で「五味子茶」を試飲しながら、
<冬虫夏草>の効能説明が始まりました。
あ~、コレを売るのが最終目的か、と判りましたが
説明も面白く、押し付ける感じはなかったし、
国が民族村だけでの販売を許可しているということなので、
説明を真剣に聞いてみました。

脳梗塞・心筋梗塞などの血管が詰まる系や癌の予防にとても効く。
高血圧・糖尿病に効き、免疫力を高め、難聴・耳鳴りに効果がある。
アトピーにもいい。精力増進にも良いとの効力の説明でした。

白血病だった俳優の渡辺謙も、韓国籍の奥さんの南可歩さんの勧めで
「冬虫夏草」で克服し、2年に1度は必ず買いに訪れるという。
オリンピック選手たちの体力増強にも一役かっているとか。
b0207284_4132336.jpg
そもそも、錠剤になる前の<冬虫夏草>ってナニ?

冬虫夏草は昆虫に寄生した菌がキノコを作ったものをいう。
冬は虫、夏は草の姿になると信じられ、中国では強壮剤にも、また一部では食用にもされる。
冬虫夏草は100種位が知られていて、蝶や蛾の蛹・幼虫につくサナギタケ、
カメムシの成虫につくミミカキタケ、ハチの成虫につくハチタケ、
セミの幼虫につくセミタケなどは有名である


我が家に脳梗塞息子を抱え、私や孫はアトピーだし、友人は難聴に苦しんでいるし
身内に糖尿病や癌と闘っているものもいる。
一番上の孫はスポーツに精だしているし、、、、
これは、我が家むきだわ!

ただ、ちょっとお値段がかなり高い!!!
300g缶¥18000!(@@)
二の足を踏んでいると、、、、
でも、1回10粒程度として計算すると、1回100円になる?というのです。
そんなに入ってるかな~?

馬の骨の粒もあって、こちらは骨を強くし、骨粗しょう症や更年期によく効き、女性におすすめとか。

どちらか買った人には五味子茶のエキスをそれぞれに2本(¥3000)つけてくれる(^^;
抱き合わせ商法か? でも、お得感です。。。弱いのよね~(^^;

上手な説明につられて、お買い上げしました。
毎日、息子と一緒に飲んでいます。

これで、脳梗塞の予防に本当に役立ってくれたら、お安い!嬉しい!
藁にもすがる心境です。

ま、信じるものは救われる とか 病は気から とか 言いますから
とりあえず、信じて飲んでみましょう♪



冬虫夏草の研究のほとんどは中国で行われています。
以下に示した表は、中国医学書「中薬現代研究と臨床応用」で
発表された臨床実験の結果です。

その効果・効能は「不老長寿の薬」という言葉に値する驚くべきものです。

病状      飲用日数   効果  備考
性機能低下   40日  64.10% 常用時に有効
心臓病(冠状) 4週間  90.50%
不整脈      2週間 74.40% 特効性あり
高血圧症 1~2ヶ月 76.20%
肺病 2ヶ月 80.00%
B型肝炎 2ヶ月 78.56% 免疫球タンパク強化
肝硬変 3ヶ月 68.00% 腹水患者に特効性あり
悪性腫瘍 2ヶ月 93.00% 細胞免疫機能強化
アトピー性皮膚炎2ヶ月 89.60%
気管支炎(喘息) 3ヶ月 94.20%
糖尿病 1~2ヶ月 86.90%
リューマチ 12ヶ月 82.00%
血小板減少 1~2ヶ月 89.80%
白血病 1~2ヶ月 85.70% 白血球、血紅タンパク強化
鼻炎 1ヶ月 93.00%
耳鳴り 4週間 90.00% 急性患者にも有効

1998年 Dr.Zhu(ツュー)/1995年 Dr.Zhang(ツァン)の発表
[PR]
by doremi730 | 2012-08-28 03:22 | 海外旅行 | Comments(2)
Commented by ★元気ばば★ at 2012-08-28 23:27 x
本当に効くのかな~
でもやらないよりはいい
なんでもトライです
Commented by doremi730 at 2012-08-29 04:20
元気ばばさま、コメントありがとうございます。
ホントのところはわからないのですが、信じるものは救われる?!
ま、渡辺謙さんの話は有名だし、、、、
年々アトピーも年々ひどくなってるので、せっかく大枚はたいたことだし
飲んでみますね(^^;
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

小さい頃好きだったあの遊びの緊張感と煌きをいつまでも忘れない
by doremi730
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新のコメント

bh2005kさま、コメ..
by doremi730 at 20:44
kinakoさま、コメン..
by doremi730 at 20:16
yasukonさま、コメ..
by doremi730 at 20:16
arakさま、コメントあ..
by doremi730 at 20:14
mikkoさま、コメント..
by doremi730 at 20:12
saheiziさま、コメ..
by doremi730 at 20:11
よからぬ台風が近づいて、..
by suzu-kinako at 15:10
おはようございます。 ..
by yasukon20 at 06:35
残念ですが、無理な計画で..
by umi_bari at 02:14
残念ですが自然には勝てま..
by mituamikko109 at 23:04
それは残念! でも何か..
by saheizi-inokori at 22:00
saheiziさま、コメ..
by doremi730 at 18:46
やれるうちが花、とはいえ..
by saheizi-inokori at 10:02
kinakoさま、コメン..
by doremi730 at 03:03
チャレンジした方がいいわ..
by suzu-kinako at 11:15

検索

最新のトラックバック

下北沢 本多劇場 「ザ・..
from 遊ぶろうぐ
伊豆高原1泊2日 10/..
from 遊ぶろうぐ
トルコ旅行 ② 食事
from 遊ぶろうぐ
主夫のお気にいり♪  /..
from 本当に幸せなの?
北海道旅行(利尻島・礼文..
from 忘れな草のフォト日記
七夕飾りで彩り、セールや..
from ローカルニュースの旅
「花と緑の利尻島・礼文島..
from 本当に幸せなの?
四国こんぴら歌舞伎大芝居..
from 本当に幸せなの?
浅草 ロシア料理「ラルース」
from 遊ぶろうぐ
映画「小さいおうち」観て..
from 本当に幸せなの?

ライフログ

外部リンク

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな